パソコンソフト一太郎を開発したことでも知られるジャストシステムが運営する「スマイルゼミ」

実際に利用した方達の口コミを見てみましょう。

関連外部リンク:スマイルゼミの公式ホームページ

スマイルゼミの評判と口コミ

*当サイトの口コミはクラウドソーシングサービスを介して集めたものです。

*記載されている内容はあくまで個人の考えです。

とてもいい時代になったと率直に思います

とてもいい時代になったと率直に思います。私が子どもだった頃からは考えられません。

まるで学校や家庭教師の先生がずっと側で勉強を見守ってくれているように感じてしまいます。

間違えた問題や苦手な問題をデータ分析して、日々取り組む講座を提案してくれるなんて。うらやましいです。

勉強しなさい!と口うるさく言ってやる気を無くさせることが多いと思いますが、「みまもるネット」があれば、子どもの今の学習レベルを詳しく確認できるのもとても良いと思います。

学校だけの学習では物足りない子どもにはどんどん学習を進めることができるシステムも、なかなか学校の授業についていけない子どもに合わせて、その子どもに合わせて学習が進んで行くシステムも、勉強への苦手意識を持たせないために重要なシステムだと思います。私が子どもだったら利用してみたい と思うはずです。

現代の子供達の好奇心をうまく掴んだと思います

ベネッセよりも、少し早い時期にパッド式を導入し、正直、その時にはどこの会社?という状態でした。周りの方も知らないし、実績もなく心配でしたが、子供にとっては自分から机に向かう習慣がつき、よかったと思います。現代の子供達の好奇心をうまく掴んだと思います。

小学生なので、ゲーム感覚で出来るようでポイントを貯めるために、ある意味必死です。これから先は、まだ時間があるのでゆっくりと考えてみたいと思います。

なかなか机に向かう習慣がない、ゲーム好き、機械類の扱いに慣れてほしいなど、理由は様々あると思いますが、現代っ子が勉強をするには良い条件が揃っていると思います。ただ、受験を考えているご家庭にはおすすめはできません。

自力で学習を進めています

塾に行くのは絶対イヤというインドアタイプの娘が中1から利用しています。今どきの子らしく、タブレットの操作は戸惑うこともなく、自力で学習を進めています。

タブレットは、スマイルゼミモードとAndroidモードに分かれており、Androidモードを使えるかどうかは保護者が行う設定次第です。Androidモードをいつ利用できるかどのくらい利用できるかを保護者がコントロールできること、我が家ではこの機能が大活躍です。

Androidモードでネットサーフィンをしたい娘はせっせと学習実績でポイントをためています。保護者用の設定画面がWEBなので出先からでも設定変更でき、我が家ではその日の宿題が終わったら「終わったよ~」とメッセージが来て、使えるようにしています。

今は、Androidを使うことが娘のモチベーションになっていますが、添削などで学習意欲を高めてくれるサービスがあったら、それも魅力的ですね。

 

スマイルゼミと他の通信サービスの比較

 

スマイルゼミの特徴は? 長所や短所はあるの?

スマイルゼミは通信教育サービスに分類され、スマイルゼミ専用のタブレットを利用した勉強方法を採用している所にポイントがあります。

スマイルゼミを運用するジャストシステムの作成した動画がありますのでご紹介させていただきたいと思います。

スマイルゼミ小学生は標準クラスと発展クラスの2つのクラスに分かれており、費用は月額3200円から7000円、専用タブレット代金が9900円別途でかかります。

さらに英語プレミアムを受講するとそこに月額680円から790円かかるようになります。

当たり前と言えば当たり前ですが、発展クラスは標準クラスよりも難しく、講座数が1.2倍学習時間1.5倍となっており、標準クラスから始めて発展クラスにすることもできます。

 

スマイルゼミ小学生標準クラス価格表

*価格は税抜きのものとなります

学年 12か月一括払い 6か月一括払い 毎月払い
1年生  2980  3200  3600
2年生  3100  3400  3900
3年生  3600  3900  4400
4年生  4100  4400  4900
5年生  4600  4900  5400
6年生  5100  5400  5900

スマイルゼミ小学生発展クラス価格表

学年 12か月一括払い 6か月一括払い 毎月払い
1年生  3480円  3900円  4400円
2年生  3920円  4400円  5000円
3年生  4420円  4900円  5500円
4年生  4920円  5400円  6000円
5年生  5420円  5900円  6500円
6年生  5920円  6400円  7000円

 

英語プレミアム 全学年共通

12か月一括払い 6か月一括払い 毎月払い
680円 730円 790円

 

 

契約を継続すると2年目以降以下の割引が適用されるようになります。

継続年数 毎月払い 6か月
一括払い
12か月
一括払い
2年目~
(13か月目~)
-100 -600 -1,200
3年目~
(25か月目~)
-200 -1,200 -2,400
4年目~
(37か月目~)
-300 -1,800 -3,600
5年目~
(49か月目~)
-400 -2,400 -4,800
6年目~
(61か月目~)
-500 -3,000 -6,000

上記の金額に加え専用タブレット代金9900円がかかります。

 

中学生コースも小学生コース同様タブレットを利用した学習方法となり、以下のような料金がかかります。

スマイルゼミ中学生標準コース

学年 12か月一括払い 6か月一括払い 毎月払い
1年生  5980円  6580円  6980円
2年生  5980円  6580円  6980円
3年生  6980円  7580円  7980円

スマイルゼミ中学生特進コース

学年 12か月一括払い 6か月一括払い 毎月払い
1年生  10800円  11600円  12400円
2年生  10800円  11600円  12400円
3年生  12800円  13600円  14400円

英語プレミアム(先取り英検)

12か月一括払い 6か月一括払い 毎月払い
2980円 3680円 3980円

契約を継続すると2年目以降以下の割引が適用されるようになります。

継続年数 毎月払い 6か月
一括払い
12か月
一括払い
2年目~
(13か月目~)
-100 -600 -1,200
3年目~
(25か月目~)
-200 -1,200 -2,400

上記の金額に加え専用タブレット代金9900円がかかります。

スマイルゼミの長所と短所

スマイルゼミの長所

・各学校の教科書に対応した教材を配信している(実技系教科にも対応)

・ゲーム好きの子供などが食いつきやすい

・余計な郵送物がない

・保護者が学習の進捗度を把握しやすいシステム

教科書対応しているという点は個人的に高評価ですね。学校によって教科書が異なるため通信教育を選ぶ際には学校の教科書に対応しているかどうかという点は大変大きな基準となります。

また、スマイルゼミ最大のウリとも言えるのが子供の食いつきの良さです。

特に男の子はゲームが好きなため、紙媒体よりもタブレット媒体を好む傾向にあり、自ら勉強をするようになることが期待できます。

従来の通信教育のように郵送物がたまらないのもメリットの1つと言えるかも知れません。

そしてスマイルゼミ独自のシステムである「みまもるネット」によって保護者の方がその日の学習状況を把握できるようになっているのは大変大きな長所です。

特に小学生は遊びたい盛りで勉強をおろそかにする傾向があるため、保護者の方が進捗状況を確認できるのは大きいですね。

スマイルゼミの短所

・料金が高い

特に欠点らしい欠点はないのですが、やはり他の通信教育に比べコストがかかる点は大きな欠点であると言えます。
受講料(1月当たり換算) 12ヵ月分一括払い 6ヵ月分一括払い 毎月払い
進研ゼミ中3講座 5,847円 6,259円 6,873円
スマイルゼミ中学三年生(特進) 6980円(12800円) 7580円(13600円) 7980円(14400円)

スマイルゼミの方が一回り料金が高い設定になっています。

スマイルゼミはおすすめ?プロの家庭教師が本音で答える

正直に言うとそこまでおすすめ度は高くありません。

決して悪いサービスではないのですが、単純に競合他社が強すぎるのと料金設定が高い点が理由となります。

料金設定の面でいうと、学年によっては月10000円以上かかることもザラにあり、月額980円(税抜き)で一流講師の授業がいつでもどこでも受け放題であるスタディサプリとは大きな差がありますし、超難関に特化したと言っても良いZ会や抜群の伝統と実績を誇る進研ゼミと比べてもやはり高いです。実質倍近くかかってしまいますね。

その分サービスの質が良いかと言うとそうでもないため、総合的評価は残念ながらそれらのサービスと比べても下がってしまうというのが私の判断です。

ただ、それでも塾よりはコストが低いのも確かであるため、あくまで競合他社と比較した時の話になります。

スマイルゼミそのものは非常威優れたサービスだと思います。

関連外部リンク:スマイルゼミの公式ホームページ