中学校1年生から3年生までという最も多感な時期、基礎的な学力を養成するという意味でも大事な時期になります。

大げさではなくこれからの人生をこの時期どう過ごすのかが一生を大きく左右すると言えるでしょう。

そんな中学生におすすめの通信教育ランキングをご紹介させていただきます。

第1位:進研ゼミ中学・高校受験講座

通信教育の王道!進研ゼミ
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
・伝統と信頼と実績
・万全のサポート体制
・選べる28種類の学習プラン



参考月額費用:5365~10000円

中高一貫校の生徒さんはこちら

多くの通信教育サービスがひしめく中やはり1位は「進研ゼミ」となりました。

決め手は「定期テスト対策」ですね。

大学受験と高校受験が大きく異なる点は内申点の比重にあると言えます。

私が住んでいる千葉県の例で言いますと、公立高校の入試は5教科500点+内申点135の635点満点となります。

1年毎45点満点×3で135点の計算となりますので、当日の入試はもちろん普段の内申点が非常に重要になるのです。

そういった意味で内申を大きく左右する定期テストの重要性は高く、進研ゼミの持つ「定期テストに関するノウハウ」は非常に大きな意味を持ちます。

特に「定期テスト厳選予想問題」はかなりの的中率を誇り、高得点を目指すならぜひとも抑えておきたい内容となっています。

2位に挙げるスタディサプリ中学生との違いには各学校、各教科書に合わせたカリキュラムの有り無しもあります。

大学受験などではその膨大な量からカリキュラムが足かせになることがあるのですが、高校受験においては量もそこまで膨大ではありませんし、定期テスト重視の関係でカリキュラムに沿った勉強を行うのが重要だと言える点も進研ゼミの方を高得点にする理由ですね。

私も学習塾で教えていたことがあるのでわかるのですが、色々な中学校からの生徒が集まるためなかなか定期テスト対策をするのが難しい面がありました。

場合によっては別の市町村から生徒が来る場合もあり、その場合は教科書さえ違うということもあるためそもそも塾の学習内容と学校の学習内容が異なるということさえよくあることだったと言えます。

進研ゼミはその点、教科書毎に対応していますし、過去の膨大なデータから学校毎の進度なども把握しているため、学校の内容とバッチリ合わせることが出来ます。

定期テスト対策には進研ゼミ!

関連:必読!進研ゼミ中学生講座の評判と口コミをプロがまとめる!!

 

第2位:スタディサプリ中学生

スタディサプリで学力アップ!
・月額980円(税別)
・実力派講師の授業をいつでもどこでも受講可能
・過去問も解き放題!


 

常に新しい可能性を求め続ける企業リクルート。

その斬新な発想でホットペッパーやゼクシィなど業界の常識を打ち破るサービスを次々と世に送り出してきた同企業が教育業界に参入したのが「勉強サプリ」と言う名の黒船でした。

現在はスタディサプリと名称を変えていますが、当時のインパクトはすさまじいものがあり、通信教育サービスの業界図を大きく塗り替えただけではなく、塾や予備校を含めた民間の教育サービスを一変させたシステムだと言えます。

その内容は、いつでもどこでも好きな授業が月額980円(税抜き)で受け放題というもので、通常5000円前後かかる通信教育、数万円かかる学習塾などと比べると驚異的なコストパフォーマンスとなっています。

しかも安かろう悪かろうではなく中身の授業もしっかりしている点がすごい所ですね。

日々サービス内容が進化している点も見逃せません。

以前は各教科書の違いなどを考慮せずに授業を行っていましたが、現在では教科書対応をしており学校の授業との進度調整もばっちりです。

ただ、カリキュラムなどは自分で作成する必要があるため、中学生には少し厳しい面もあるのかなと思い2位にしています。

関連:スタディサプリ中学生の評判・口コミをプロがまとめる!!

第3位:すららネット

万全のサポート体制!すららネット
・文部科学大臣賞受賞
・カリキュラムに縛られない無学年方式
・LD、ADHD、不登校などの専門的なサポート
・不登校の出席扱いになることがある


参考月額:8000円~

新聞や雑誌などにも取り上げられることが多くなりましたすららネットが第3位です。

進研ゼミやスタディサプリは自主的に勉強ができる生徒向けの教材ですが、すららネットはどうやって勉強をしていいのか分からない、勉強があまり好きではない生徒向けの通信教育だと言ってもよいでしょう。

基本的にはタブレットを使った学習となるのですが、すららサポーターと呼ばれるプロがサポートしてくれるため、面倒見の良さは通信教育サービスでも随一と言って良いでしょう。

その分月額料金は高めになることと、理社に対応してない点はネックとなります。

関連:すららネットの評判・口コミまとめとプロ家庭教師の評価、おすすめ度とは?

第4位:Z会

超難関高校志望ならZ会!

・日本最古の通信教育である伝統と実績
・高い超難関高校合格実績
・抜群の添削サービス


参考月額:月6000円~

私も中学生の頃にZ会をやっておりました。

どの学年のZ会にも言えることですが、やはり難易度が高いですね。

公立中学校の定期テストであれば最低限5教科400点は欲しい所です。

Z会と進研ゼミの難関高校合格実績2017年度比較

高校名 進研ゼミ合格者数 Z会合格者数
県立千葉高校 22人 15人
県立船橋高校 52人 38人
県立東葛飾高校 54人 19人
渋谷幕張高校 8人 15人

渋谷幕張高校を目指すのでなければ進研ゼミの方が合格実績は良いと言えますね。

 

関連:Z会高校受験コース(中学生コース)の評判と口コミをチェック!!

 

次点:スマイルゼミ中学生

新感覚学習システムスマイルゼミ
・各学校の教科書に対応した教材を配信している
・ゲーム好きの子供などが食いつきやすい
・余計な郵送物がない
・保護者が学習の進捗度を把握しやすいシステム


参考月額:5980円~

一太郎を生み出したジャストシステムが運営するスマイルゼミも良い通信教育サービスですね。

 

良いサービスなのですが、やはり値段が高いかなと思ってしまいます。

通常コースは約6000円からとなっているのですが、特進などは10000円を越えてしまいます。

塾と比べるとコストは抑えめなのですが、トップ3と比べるとどうしても割高感は否めませんね。

特にスタディサプリが月額980円(税抜き)というのも非常に大きな点です。

関連:スマイルゼミの評判と口コミ!プロ家庭教師の評価は?