人生最初の大きな壁とも言える大学受験におすすめの通信教育ランキングを、管理人の独断と偏見でご紹介したいと思います!

第1位:スタディサプリ大学受験

スタディサプリで受験対策!
・月額980円(税別)
・実力派講師の授業をいつでもどこでも受講可能
・過去問も解き放題!


 

 

 

一口に大学受験と申しましても人によって置かれている立場や現状は大きくことなると思われます。

例えば受験まで1年ある人と3か月しかない人では有効な勉強方法は違いますし、A判定の人とE判定の人でも大きく異なります。

そのような各人の置かれた立場に柔軟に対応できるのがスタディサプリ大学受験だと言えるでしょう。

スタディサプリが他の通信教育と決定的に異なる点は「速習」が可能である点です。

例えばこれから紹介させていただく進研ゼミやZ会などは基本的にカリキュラムがあり、それを実践していくことになります。

月毎に課題がありるためA判定やB判定の人ならばよいのですが、C判定以下の生徒が逆転をするのは少々難しい面があるのも確かです。

一方のスタディサプリではカリキュラムがないため、例えば英語だけ重点的に伸ばしたいと思ったら英語の授業を集中的に受けることも可能ですし、1年分の授業を1週間で受けることも理論的には可能です。

その場合予習や復習が不十分になりますが、その分は同じ授業を二度三度と見るなどの工夫が出来ます。

良い意味で柔軟な使い方が出来ますが、悪い意味ですと自分でカリキュラムを作成する必要があるため難易度が高いとも言えます。

メインとしてスタディサプリだけを実践するもよし、学校や予備校の授業を補填するために使っても良し。

個人的には使い方無限大という部分を評価したいと思います。

月額980円(税抜き)で利用でき、主要大学の過去7年分の過去問を利用することもできるため、それだけでも価値があると言えますね。

スタディサプリ大学受験講座にかかる費用:月額980円(税抜き)

実際にスタディサプリ大学受験講座を利用した方の口コミ

使い勝手がいい

娘は高校生で塾に通っています。そこでは大学受験に必要そうな科目はとっているのですが、塾代のこともあり、あれやこれやとたくさんとることはできません。必要最低限という感じです。ある時、その塾でとっている授業で化学がわかりづらいと言いました。娘は化学が苦手です。わからないところは、学校の先生に聞いてみたらと言うと、学校の先生に聞いてもよくわからないというのです。多分根本的なところからわかっていないので、基礎から教えてもらえるところはないかなと思いました。そこで、いろいろ調べてみると、有名な先生の授業が受けれるということで、スタディサプリを見つけました。月額のお値段も安かったですし、化学だけではなく、ほかの科目も受けれるので、早速始めることにしました。 化学目当てで入会しましたが、苦手な化学は何となくわかってきたようです。基礎に戻れるというのはとてもいい点だと思います。それ以外にもスタディサプリはいいところがたくさんありました。

一つは、いつでも勉強ができるという点です。映像授業というのはどうなのかと思っていましたが、自分のできる時間にやれるというのはとても便利です。また、問題などもあるので、それをやって自分がちゃんと理解したかどうかもチェックできるようです。

もう一つは、自分のレベルに合った授業が受けられるという点です。たくさんの講座があるので、その中から選ぶことができます。また、かなり有名な先生の授業を受けることができるというのも魅力の一つです。有名な先生というだけあって、授業もわかりやすいようです。これは地方などで塾があまりない地域などの方が利用するのはとてもいいのではないでしょうか。都内で受けるのと同じような内容のものを受けることができるのです。我が家では、今ではいろいろな科目も受講しています。使い勝手がいいので、これからも活用していきたいと思っています。

関連記事:スタディサプリの評判と口コミのまとめとプロ家庭教師の評価2018!

 

第2位:進研ゼミ大学受験講座

通信教育の王道!進研ゼミ
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ・伝統と信頼と実績
・万全のサポート体制
・選べる28種類の学習プラン



王道中の王道進研ゼミが2位となります。

もはや説明不要レベルに有名な教材で、1位との差はほとんどなく、各生徒が置かれている立場によってどちらがおすすめか変わるでしょう。

イメージとしては守りの進研ゼミ、攻めのスタディサプリと言った所でしょうか。

既に志望校が十分に合格圏内に入っている場合は進研ゼミを実践しながら志望校の過去問を解いていくのがよいでしょう。

逆に志望校までに距離がある場合はスタディサプリが良いと言えます。

勿論、両方を併用するのもおすすめです。

両サービスは互いに短所を補い合うことが出来るため、相性は非常に良いと言えます。

特にスタディサプリは添削機能がない点とサポート体制が事実上皆無である一方進研ゼミは赤ペン先生をはじめあらゆる通信教育の中で最高のサポート体制があるため相乗効果も期待できます。

もっとも、その場合はやることが多くなりすぎる「消化不良」にならないように注意したいものですね。

進研ゼミ高校講座にかかる費用:月5365~10000円

関連記事①:通信教育界の王!進研ゼミの評判・口コミをプロの家庭教師がまとめる!!

関連記事②:進研ゼミ(こどもちゃれんじ)とスタディサプリをプロの家庭教師が徹底比較!

 

第3位:Z会大学受験講座

難関大志望ならZ会一択!

・日本最古の通信教育である伝統と実績
・断トツの超難関大学合格実績
・抜群の添削サービス


もしあなたの志望校が

・東京大学

・一橋大学

・京都大学

・東京工業大学

の4つであるならばZ会がダントツでおすすめの通信教育となります。

その他旧帝国大学や早稲田慶應志望の学生でもZ会がよいかも知れません。

良くも悪くもZ会は超難関大学を志望している生徒向けの通信教育と言え、全体の上位3%の生徒に向けられて作られたサービスとなっています。

そのため、一部の難関大学、特に東京大学の合格実績はすさまじく、東大合格者の3人に1人がZ会会員であるという輝かしい実績を持ちます。

反面東大合格者ですらZ会は難しかったという難易度の高さがあり、「生徒に合わせるのではなく生徒がZ会に合わせるのだ」という確固たる信条のもと運営しています。

難易度は高いですがついていければ結果もおのずとついてくる教材だと言えるでしょう。

一方大半の生徒には教材の内容が難しすぎるため、一部の超難関大学を目指す生徒以外にはあまりおすすめはしません。

関連①:Z会高校生・大学受験生コースの評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!!

関連②:Z会とスタディサプリをプロの家庭教師が徹底比較!!

関連③:進研ゼミとZ会をプロの家庭教師が徹底比較します!!