東大目指すならZ会

・2017年第9回マザーズセレクション大賞受賞
・イード・アワード2017通信教育最優秀賞受賞
・確かな伝統と実績!



 

Z会と言えば東大合格者が多いことでも有名ですが、Z会幼児コースは2017年「第9回マザーズセレクション大賞」イード・アワード2017「通信教育」最優秀賞をW受賞しているほど評価の高い幼児教育サービスとなっています。

今回はそんなZ会の幼児コースについて実際に利用した口コミとともにその特徴などをまとめたいと思います。

Z会幼児コースの評判と口コミ

こどもが楽しみながら勉強している姿を見ることができて、とても嬉しく思っています

5歳になる我が子にそろそろ習い事をと考えた私たち夫婦は、子どもと色々な習い事を見学したり、資料をみたりしました。

その結果、子どもが選んだのが、通信教育のZ会でした。かわいいイラストが気に入ったのと、幼稚園のお友達でZ会をしている子が何人かいたのが、我が子がやりたいと思った理由みたいでした。

実際に私たちも、Z会を子どもと一緒に見てみて、その教材の質の高さに大満足。ペアゼットなど、親子で取り組める教材もあり、親子で楽しみながら勉強することができています。

こういうアプローチをすると子どもが自然や科学など、様々なことに興味を持つのかと、感心することもしばしばあります。

また、月謝も私たちが見た他の習い事よりは割安で、コストパフォーマンスの面からも、とても満足しています。毎月教材が届くのを楽しみにしている我が子。親としては、子どもが楽しみながら勉強している姿を見ることができて、とても嬉しく思っています。

子供が利用

 

Z会幼児コースの特徴は?

Z会幼児コースの特徴は、親子でのマナビを重視している点にあると言えるでしょう。

同コースは以下のようなサービス構成になっています。

・親子で取り組む「ぺあぜっと」

・保護者向け情報誌「ぺあぜっとi」

・親子で取り組むワーク教材「かんがえるちからワーク」

・外出先も楽しく「いっしょにおでかけブック」

・「せいちょうきろくシート」

各サービスの内容はZ会のホームページをご覧いただければと思いますが、どれも保護者と生徒が一緒になって学ぶことに重きを置かれたサービスであることが読み取れると思います。

中学受験は親の受験と言われることがありますが、幼児期における幼児学習はそれ以上に親の学びが大切になってきます。

アメリカのある大学の研究では、5歳までの教育で生徒のIQが決まるという結果にいたったものもあります。

幼児教育においては生徒が1人で学ぶというのは難しいため、親子で取り組む必要があり、Z会は保護者が何をすれば良いのかを明確にしてくれるサービスだと言えるでしょう。

Z会幼児コースの良い点悪い点などはあるの?

Z会幼児コースにおいて、悪い点は特に探し出せないですね。

非常によくできた教材だと思います。

続きの会費も2000円前後と手ごろですし、これほど欠点のない教材サービスは他にないと言ってもよいかも知れません。

伊達に各賞を受賞していない!と言った感じですね。

Z会幼児コースは果たしておすすめなのか?プロの評価は如何に?

文句なしにおすすめの教育サービスです。

Z会というと難しそうなイメージがあり、敷居が高そうに思えますが、幼児コースにおいてはそれに当てはまらないでしょう。

むしろこの時期からしっかりと学びの習慣をつけて、将来的にはZ会の難関コースにもチャレンジできるよう準備をしておくことが最良の選択となることでしょう。