通信教育界の横綱進研ゼミ

果たして中学受験講座の評判や口コミはどうなっているのでしょうか?

進研ゼミ中学受験講座の評判・口コミ

小3の3学期に中学受験をしたいと言い出した娘。小5からの進学塾に行く計画を立てつつ、それ以前の小4の1年間は、自宅で1年間進研ゼミ中学受験講座小学4年生コースで私がサポートしながら勉強を進めることにしました。
毎月届く進研ゼミ中学受験講座の内容は、中学受験の基礎力を重点とする印象でした。我が家のように真っ新な状態から中学受験勉強を始めるのは、テキストも問題も分かりやすいですし、その一日の目安量も手ごろだと感じます。実際小学校の授業よりもはるかに難しい中学受験の問題ですが、かみ砕いて分かりやすく説明されているので、素人の私でも娘に教えることに難しさは感じませんでした。
赤ペン先生の添削問題もその月の復習問題中心で無理難題はありません。それに対しての赤ペン先生の回答も丁寧でしたし、娘としっかりコミュニケーションを取ってくれているイメージを持ちました。
ただし中学受験問題自体に慣れてくると、日々の受験勉強量としては物足りなさを感じるように・・・我が家では中学受験講座を基礎問題として、別の問題集や参考書もしようしながら勉強に厚みをつけていました。
中学受験を一から始めようと思っていたり、ちょっとかじってみたいと思う方、通塾前の対策としては使用できると思いますが、これだけで中学受験に合格するのはやはり難しいのではないでしょうか?

保護者38才 進研ゼミ中学受験講座 小学4年生コース

 

小学校入学当時から進研ゼミをやらせていました。中高一貫校を受けようと思ったのは4年生終わり時で、5年の4月からの受講にはギリギリ間に合いました。事前にセンターに電話したら受験予定校を聞かれ、答えるとその学校なら合格した実績もあると教えて頂けました。
教材としては、これまでのチャレンジと少し雰囲気が変わり一般的テキストらしさが出てました。そのため子供が嫌になるのではと心配しましたが、自分で理解出来るから面白いとスラスラ解いていました。それに難しくなったといっても相変わらず子供目線の分かりやすい絵図が目立ち、親の私があまり手をかけなくても良いようでした。ちょっと捻った問題もありましたが、全体的には基本的な問題を理解することに重点を置いているように見えました。発展問題へ進むためには基礎は大事なので、そこに不満はありません。ただこれだけでは足りないのかもと不安に思い、市販の教材も追加して勉強させました。進研ゼミで基礎が身に付いたのか、子供も市販教材の難解問題に最初は戸惑いつつも、どんどん応用力をつけていきました。全て合わせても通塾させるよりかなり費用が安くすみ、親としては有り難いと感じました。

保護者 33歳 進研ゼミ中高一貫校中学受験講座小学5~6年

 

進研ゼミ中学受験講座概要

 

ご存知の通り、中学受験はかなり特殊です。

理科や社会、国語などは普段の学校の授業からの乖離がそこまで激しい訳ではない(一部難関中学除く)のですが、算数においては「つるかめ算」や「植木算」と言った特殊算と呼ばれる計算方式が登場するため普段の学校の授業とは異なった(あくまでも学習指導要領内ではあるのですが)学習が必要になります。

そのため通常の小学生講座とは別に中学受験講座が設置されているわけです。

送付される教材も

 

・授業テキスト

・演習ワーク

・添削課題

・映像課題

・その他の副教材

 

とバラエティに富んでおり中学受験のいろはを過不足なく学べる作りになっています。

 

進研ゼミ中学受験講座は果たしてプロの目から見ておすすめ?

中学受験用の通信講座ではZ会と並んでダントツでおすすめだと言えます。

御三家を始めとした超難関中学はZ会、それ以外であれば進研ゼミが良いでしょう。

ただ、中学受験に必要な知識や演習などは膨大となり、それを小学生が1人で全て消化するのは流石に無理があります。保護者の方などのサポート体制が整備されている状態なら良いのですが、そうでない場合は素直に中学受験塾に行くのが良いでしょう。

中学受験塾の補助教材としてはどうか?という点ですが、通常どの中学受験塾も大量の課題を出すため新たに通信教育をやる余裕はないと思った方が良いです。

そういう意味では、帯に短したすきに長しと言った面があるかも知れません。

繰り返しになりますが、通信教育のみで中学受験が成功するかどうかは回りのサポート体制によります。この点はある意味塾に通っても同じですが。

中学受験は親の受験と言われるのは本当で、子供はもちろん保護者の方の頑張りも重要になってくるのです。