日本を代表する通信教育である「こどもちゃれんじ」

実際に利用した方の評判や口コミを、プロの家庭教師として活動している管理人がまとめます!

こどもチャレンジの評判・口コミ

こどもちゃれんじ今0歳~1歳コースの評判・口コミ

娘が赤ちゃんの頃からはじめました。
毎月送られてくるし、時期に合わせたものを送ってくれるとのことだったし、そんなに高くないので、いいのかなーと思いました。
かわいいプレイマットや、音の鳴るおもちゃ、くっつけるブロックのようなものなどの単純なおもちゃ、大きくなってくると、生活の本等もあり、子供と、毎回使っていました。
こどもちゃれんじ自体を考えると、それこそ値段も大して高くないですし、時期ごとの親への説明のようなマンガみたいなものがあり、勉強になったので、不満というほどの不満はなかったです。
ただ、子供の好みが出て来たり、親もおもちゃ屋さんに行ったり、知育玩具を調べだすと、いや、これじゃなくていいんじゃない?という気持ちになったりしてきたといくことは大きくなるにつれてありました。
特につなげるブロックのようなものは、他の市販のものとはつながらなかったりするので、少ない部品数で遊ばないといけなかったりして、
子供がすぐに飽きたりすることもありました。
総合的に考えると、不安いっぱい、わからないこといっぱいの1人目の子供の1歳前半ぐらいまでが一番活用できるかな。という感じに思っています。

 

こどもちゃれんじ今3歳コースの評判・口コミ

 

私は、出産前からベネッセの教材を使用していました。
初めての出産・子育てで不安が多かったのですが、毎月届く教材の内容が子供の月齢に合っているので、その都度勉強ができてわかりやすかったです。
また、イラストなども可愛く、読んでいて優しい気持ちになれます。
妊娠中もそうですが、小さい子供を育てていると、まとまった時間を作るのはすごく難しいです。
外出することなく、家事などの隙間時間に自宅で出来るので、とても便利です。
教材費も、他で習い事をするよりも安いです。
教材は、親子で遊びながら学習できるように、よく出来ています。
我が家では、雨の日など外遊びできない時は、特に大活躍しています。
遊びながら、親がどんな言葉をかけたらいいのかも書かれていて、とても参考になります。
初めて子育てする人には、教科書代わりになります。
私の子供も、今ではしまじろうが大好きです。
しまじろうと一緒に、日々成長しています。
これからも、こどもちゃれんじの教材を利用していきたいと思っています。

 

1歳児コースから1年間契約し、1度解約しましたが、今年また再開しました。言葉が遅く心配だったので、1歳の時にやり始め、年間契約すると月々が安く教材もとても良いもので、今でもその時のオモチャで遊んでいます。故障したオモチャがあり、問い合わせたところ解約していた時だったからか、本当にそのオモチャの在庫が無かったからか分かりませんが、交換はしてもらえませんでした。音が鳴るオモチャだったので、鳴らないと楽しくないようで今は遊んでいません。3歳児コースはひらがなを覚えるような教材で、まだ難しいからかたまにしか出して遊ばないですが、それでも少しずつ興味を持っているようです。毎月オモチャが届くのが楽しみで、毎日のようにポストを開けて確認しています。毎月出る付録付きの絵本もイイですが、厚紙で作るものなどもあり直ぐに壊れてしまったりするので、それを辞めてこどもちゃれんじにする方が勉強にもなるし、DVDでも楽しめるし、とても気に入っています。

 

こどもちゃれんじ今4歳コースの評判・口コミ

子供が6カ月の頃からやっています。
途中でやめようと思ったこともたびたびありましたが娘のやりたいという気持ちを尊重して続けています。
付録も毎回とても楽しみにしていたり本とワーク2ヶ月に1度のDVDもついてくるので遊びながらあいうえおを覚えたりしてとても助かっています。
我が家はイングリッシュもやっていて去年からやっているのですが身の回りの物やちょっとしたやりとりを英語で話せるようになってきました。
イングリッシュの付録とDVDはできるだけ毎日繰り返し見せるようにして覚えさせています。
下の1歳10ヶ月の子も単語を喋るようになりました。
英語も習いに行ってるのですが週一の塾よりチャレンジのイングリッシュの単語の方がよく喋ります。
大好きなしまじろうを遊びで見ながらあいうえおや数字や英語を自然と覚える事ができて本当にやらせて良かったと思ってます。
いちいち勉強しなさいなんて言わなくてもすんなり入ってくるように付録もDVDも良くできていて娘も毎回届くのを楽しみにしています。
これからもずっと続けていきたいと思ってます。
子供が生後半年の時期から受講しています。
まだ赤ちゃんの頃は子供の反応も薄く、親としては子供が興味を持っているのか、楽しんでいるのかという点が分かりにくく、受講開始時期が早過ぎたかなと思うこともありましたが、1歳半頃からは、しまじろうを始めとしたキャラクター達に親しみが湧いたようでDVDを観て笑ったり指さしをしたりといった反応が出てきて、付録のおもちゃでも積極的に遊ぶようになり、受講して良かったなと思えるようになりました。
さらに、年少コースに入り教材にワークブックが加わると、届いたその日の内にやり終えてしまうほど集中して取り組み驚きました。
それまで子供にワークブックを与えたことはなかったのですが、こどもちゃれんじがきっかけで好きになり、すぐに市販のワークブックを買い足して毎日取り組むようになりました。
受講して良かったと思う点が多いですが、子供が何度も繰り返し遊べる教材もあれば1回で飽きてしまう教材もあるので、各号の教材にばらつきがある点は改善して欲しいと思います。

 

こどもチャレンジにはどんな特徴があるの? メリットやデメリットは?

こどもちゃれんじの特徴は以下の通りです。

 

・遊びながら学べる

・考えつくされた教材が毎月送られてくる

特に「遊びながら学べる」という点は大きなメリットで、これから先のお子様の成長に良い影響を与える点です。

「勉強しなさいと言うと勉強しなくなる」という言葉を聞いたことがあるかも知れませんが、これはやはり事実で、親が勉強させようとすると子供は勉強しようとしなくなります。

中学生ぐらいになるとよく見られる現象ですが、テストの成績が下がる⇒勉強しなさいと発破をかける⇒子供がもっと勉強をしなくなるというパターンに陥ることがあります。

こうなってしまう背景には、子供の脳裏に「勉強=つまらないもの」という情報がインプットされてしまっている点があげられます。

ゲームが好きな子は放っておいてもゲームをします。それはゲームが楽しいものだからです。

かなり理想論も入りますが勉強すること、学ぶことが楽しいと思えれば子供は勉強に前向きになります。

所謂「知育」が重視されるのはこの点に理由があり、3つ子の魂100までではないですが幼い頃に受けた教育というのは本人の脳裏に刻まれる特徴があるため、幼児教育に関しては兎に角子供が如何に学ぶことに対して楽しみを覚えるかという点が重視されるわけです。

そういった視点で見た時、こどもちゃれんじは子供が如何に楽しんで学ぶかを最重点に考えて作られており、その出来は理想的な通信教育と言えると評価します。

そのノウハウはおそらく世界的に見てもどの会社も真似のできないものになっていると感じます。同じレベルの教材を作れと言われたら降参するしかないですね。それほどまでに教材の完成度が高いと言えるでしょう。

逆にデメリットは感じられず、あえて言うならやらないことがデメリットと言った感じでしょうか。

子供は日々成長し続けるため、その機会を逃してしまうことがデメリットになると言えるかも知れません。

プロが本音で語る!こどもちゃれんじは本当におすすめ?

幼児教育という点においてはダントツでおすすめの通信教育だと思います。

幼児教育は早く始めるほど後の効果が高くなるため、小学校に入る前から学習習慣が身に着けられる子供はその段階で大きなアドバンテージをもって人生を歩むことができるでしょう。

月々の受講費も2000円前後とリーズナブルに設定されており、1日に換算すると100円以下となっています。

一日缶ジュース以下の費用で子供の正体がよくなるなら、これほど良いお金の使い方はないなと個人的には思ってしまいますね。