東大生は家庭教師をする割合が他の大学に比べて高いですが、具体的にどこに頼めば東大生に家庭教師を依頼できるのでしょうか?

東大生に家庭教師を依頼する方法

東大生に家庭教師を依頼する方法は私の思いつく限りでは以下の5通りとなります。

・家庭教師センターに頼む

・直接東京大学に依頼する

・町の掲示板などを見る

・個人的な伝手をたどる

・インターネットを見る

個人的には上に行くほどおすすめ度が高くなっています。

センターに登録していない私が言うのもおかしな話ですが、やはり中に誰かがいるというのは双方にとって色々と良い面があります。

例えば直接東京大学に頼む場合は来てもらった家庭教師に対し直接契約するかどうかを伝えなければいけませんし何かあった際に直接言いにくいこともセンター経由で伝えるということができるからです。

また、ちゃんとした家庭教師センターであれば家庭教師の選別や研修などを行いますので安心感があるのもおすすめの理由ですね。

家庭教師センターに頼む

冒頭でも述べたように東大生は家庭教師をする率が高いので実はある程度の規模であればどの家庭教師センターにも大体現役の東大生はいます。ですので依頼の際に東大生希望と伝えれば大体東大生は来てくれます。

どのセンターがおすすめであるかは以下の記事をご覧いただければと思います。

関連:決定版!プロがおすすめする総合家庭教師ランキング2018

また、センターの中には東大生専門の家庭教師センターや割合の高いセンターもありますのでそちらを利用するのも良いでしょう。

関連:東大家庭教師友の会の評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!

関連:大学院入試にも対応!東大生家庭教師集団「登竜会」の評判・口コミおよびプロの評価とおすすめ度

関連:東大ネットの評判と口コミをプロが評価してまとめる!

直接東京大学に依頼する

意外と知られていないことだと思いますが、東京大学に直接問い合わせることで家庭教師をしたい東大生に依頼することができます。

利点としては費用が抑えられる点がありますが、特に研修などは行っていないという点はデメリットと言えるでしょう。さらに求人票を出しても希望する学生がいなければ契約は成立しないという点もデメリットと言ってよいかも知れません。

なお規定によって学生への授業料は1時間3000円以上と決まっています。

外部リンク:東京大学教養学部アルバイト紹介

町の掲示板などを見る

インターネットの発達により急激に数を減らしましたが、公民館やショッピングモールなどに掲示板がある場合家庭教師の募集をしている場合があります。

個人的な伝手をたどる

親戚や知り合いの子弟など個人的な伝手がある場合はそれを利用するのも良い選択であると言えます。

ただ、中々そのような伝手がある人ばかりではないためあまり現実的ではないかなと思いますが。

プロの家庭教師の中には口コミだけで日程が埋まる人もいますので、知り合いなどにさりげなく聞いてみるのは有効な手段であると思います。

インターネットを見る

インターネット上では個人契約を募集している家庭教師の方もいます。

家庭教師側は経歴などを公表しており、見ているとその中には東大生も結構います。

外部リンク:https://kojin.tands.to/annai.htm

外部リンク:http://www.ansin-teacher.net/

外部リンク:https://www.diy-education.com/cgi-bin/database2/search.htm

外部リンク:http://www.e-askone.com/

東大生は勉強面においては間違いなく優秀ですが、必ずしも教えることに関して優秀とは言えないので、何人か実際に授業を受けてみて生徒と相性の良い先生を選ぶのが良いですね。