どの年代を切り取っても通信教育の王者として君臨し続ける「進研ゼミ」

果たしてその評判や口コミはどうなっているのか?

プロの家庭教師としても活動している管理人がまとめてみました。

進研ゼミ高校講座の評判・口コミ

*当サイトの口コミはクラウドサービスなどを利用して集めたものです。

進研ゼミ高校講座の良くない口コミ

幼稚園、小学校、中学校、高校まで進研ゼミの受講を続けました。しかし、高校1年か2年の時に退会しました。
理由は高校講座の進度と実際に通っていた高校の授業の進度の差が大きすぎたこと、進研ゼミを受講する時間がなかったからです。
私は当時住んでいた県内で有名な進学校に合格しました。よって、授業の進度がとても早く、進研ゼミの問題集と高校の授業内容にズレが生じました。
また、私の高校は自宅から遠く、毎日片道一時間半かけて通学していました。さらに、毎日予習をしないと授業についていくことができませんでした。通学時間と予習時間に時間が取られ、進研ゼミの問題集に手をつける時間がなくなってしまいました。両親に高い受講費を払ってもらっているのに教材に手をつけられないままでいるなんて良くないと思い、自分から両親へ退会したいと申し出ました。
進学校に通う多くの生徒には大学進学が控えています。難関校に合格するためには多くの時間を受験勉強に費やさなければいけません。進研ゼミの問題集だけでは難関校合格は難しいと思います。
進研ゼミ高校講座は有名ですし、問題データ等も膨大に持っていると思います。しかし、私が受講していた時の内容では現在の日本の高校生(特に大学受験を目指す学生)には向かないと思います。33歳 本人が利用

 

私は高校3年のときに利用していました。今はipadで勉強できるタイプと紙の様式で選べますが、私は紙の方でした。
難関大学を志望していたのでテキストも難しめでした。ただ、あまり教材自体は役に立たなそうなイメージで、どちらかというと副教材の単語を覚える本とかを主に使っていました。学校に持って行って赤シートで隠しながら勉強していました。大学受験は赤本をメインに勉強するので正直進研ゼミをやっている暇はないと思います。私は色んな教材を使わないと不安なタイプだったのですが、先生に「1つの教材をやりこんだ方が身につくし受かる」と言われたことがあります。どうしても色んな本に手を出してしまいがちですが、沢山の本があるだけでプレッシャーにもなるし、なかなか追いつかないので1つの教材を何度もやりこんだ方が良いと思います。その点で高校3年生の進研ゼミは少し無駄な感じもしましたし、教材をする時間がなく逆にストレスに感じていたと思います。

23歳 本人が利用

 

進研ゼミ高校講座の良い評判

 

私は進研ゼミ高校講座を高校一年生から高校2年生まで受けていました。私は元々、頭が良い方ではなく、高校入学時の成績は下から数えた方が早いくらいでした。部活も運動部に入っていたため、忙しく勉強が疎かになってきた高校1年生の秋くらいから進研ゼミを受講し始めたところ、それからのテストは良い点数を取れるようになり、授業も、進研ゼミのテキストを予習、復習に使っていたため集中して取り組むことができました。部活で疲れて帰ってきたときも、重点的に自分の苦手な科目、項目を克服できるため、私にとってものすごく使いやすいものでした。私のよく使っていた教材は、定期テストの予想問題集でした。学校で使っている教科書に合わせられているため、どこが引っかかりやすい問題か、どこがみんなが苦手とする問題か。など、誰でもわかりやすく解説してあるため、その問題を解くだけで7割、8割は取れていました。そのおかげで、学校の成績も上から数えた方が早くなり、両親や、先生にも褒められるようになり、部活も集中して取り組めました!

19歳 本人が利用

進研ゼミ高校講座の良いところは、まず「受験対策」と「通常の授業対策」の両方ができるところです。まだ高校一年生ではありますが、しっかり大学受験のことも見据えられており、いまの段階でも解くことができるレベルの問題が揃えられています。授業対策のテキストも毎月届けられるので、日々の授業の予習復習に最適です。
また、付録も毎月一緒に届けられるのですが、持ち運びに便利な暗記用の本が特に便利です。高校生にもなると通学時間が長い人が多く、電車やバス移動の間にさっと取り出して暗記の時間に充てることができます。
また、定期的に偏差値がわかるテストも実施されています。自宅で受けることができるので、土日は部活の大会があって模試には参加できないという人でも、平日など自分の都合の良い時に解くことができます。志望大学ごとの自分の位置も分かるので、今後どのくらい勉強すべきなのかが分かります。
忙しい高校生にはぴったりだと思います。

26歳 いとこが利用

 

進研ゼミ高校講座の特徴 短所や長所はあるの?

2016年度 進研ゼミ高校講座の合格実績

東大+京大 159名
旧帝国大学合計 714名
早慶上智 629名
MARCHG 1928名
関関同立 1684名

進研ゼミの基本的なサービスは子供チャレンジの時代から基本的には変わらず、毎月(毎学期)に教材が届き、それを実践するという流れになります。

現在では紙面による教材だけでなく、スマートフォンを利用した学習スタイルを取り入れるなど日々進化している通信教育と言えます。

長所としては1日15分からという短時間で効率的に学習を進めることができ、部活などで忙しい高校生活に合わせて利用できる点が挙げられます。

短所としては、これは進研ゼミに限った話ではありませんが、課題を貯めると効率が落ちてしまうことです。所謂「強制力」が弱いためサボることが可能になってしまう点が短所だと言えるでしょうか。

もっとも、他の通信教育も予備校でさえも高校生になると自主的な学習が求められるのは確かです。小学講座、中学講座と比べるとこの部分の短所としての要素は弱いと言えるかも知れません。

コースはレベルに合わせて選択することができ、幅広いニーズに応えることが可能となっています。

*高校1年生、2年生コースの場合

高校三年生以降は志望校別にコースが分かれており、実に28もの学習プランが存在しています。

 

 

進研ゼミ高校講座にかかる費用

取得する教科数によっても費用は異なりますが、5教科対応ですと以下のようになります。

5教科対応

12か月分一括払い 6か月分一括払い 毎月払い
高校1年生講座 8,307円/月 8,890円/月 9,420
高校2年生講座 8,307円/月 8,890円/月 9,420
高校3年生講座 10,810円/月 12,456

*高1、高2講座は1教科から選べ、3教科以上は同じ値段になります。

*高3講座は最大12科目から選べます

 

学年別進研ゼミ高校講座の評判・口コミ

高1講座の口コミ

高2講座の口コミ

高3講座(大学受験講座)の口コミ

 

プロが本音で語る!果たして進研ゼミ高校講座は本当におすすめ?

進研ゼミは謂わば通信教育業界の老舗名店であり、教材の質・量ともに申し分のない作りになっています。

あらゆる層に問題なくおすすめできるサービスだと言えるでしょう。

実践するかしないか、進研ゼミ高校講座を受講して結果が出るか出ないかの違いはそこだけに出ます。

継続は力なり

大学受験への対策は早ければ早いほど効果が出やすいので、早め早めの受講をおすすめします。