AbemaTVで電撃的に発表された草彅剛と香取慎吾のユニット?ミノキ兄弟

スカルプDシリーズで有名なアンファーが初めて「ミノキシジル」を配合した育毛シャンプー「スカルプDメディカルミノキ5」のPRのために元SMAPの2人を起用

草彅剛君はスカルプDシリーズのCMには過去に出演したこともあり、二度目の出演となりますね。

↓香取君のインスタの様子

#ミノキ兄弟 です。 よろしくお願いします! #ななにー

A post shared by 香取慎吾 (@katorishingo_official) on

香取君も草彅君も衝撃的な髪形になっていますね。

AbemaTVでの会見の様子は↓になります。

 実際に流れるCMは↓

生えるって断言しちゃってますね。

薬事(薬機)法的に大丈夫なのか気になってしまいますが、それだけ製品に自信があるということなんでしょうね。

それにしてもこの2人は本当に仲がいい。香取君は会見で実の兄弟以上と言っていましたね。

「発毛剤」スカルプDメディカルミノキ5ってどんな商品?

せっかくなので「スカルプDメディカルミノキ5」がどんな商品なのかも見ていきましょう。

同商品のポイントは何と言っても「発毛剤」という部分でしょう。

今まで「育毛剤」商品を多数リリースしてきたアンファーですが、「発毛剤」をリリースするのは今回が初となります。

この辺りはかなり微妙な問題となっていて、「育毛剤」というのは文字通り毛を育てるための製品になっていて、ぶっちゃると毛を生やす効果はありません。

誰も毛を生やすとは言っていない訳です。

法律的な問題を含め、様々な問題からこれまでは「育毛剤」の表記がされてきたのですが、今回は初めて「発毛剤」という言葉を使うようになりました。

今まで「生える」とは一言も言わなかったアンファーが、今回は「生える」と断言していますね。

その理由は一般用医薬品として国内で唯一発毛効果が認められている外用成分「ミノキシジル」を5%配合していることにあるようです。

唯一の発毛成分「ミノキシジル」とは?

ミノキシジルは元々血管を拡張する薬として開発されたものでしたが、後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用された成分です。スカルプDメディカルミノキ5以外では大正製薬のリアップにも配合されていますね。

詳しい成分についてはやはりwikipediaが詳しいですね。

外部リンク:wikipedia

かなり強い成分らしく、現在では内服薬、つまり飲み薬の開発などは国内ではされていません。

また、頭皮のかゆみを伴う可能性も指摘されているようです。

その研究は1960年代から始まっており、脱毛の治療などに利用されています。

それゆえ発毛はもちろん、脱毛への予防としての効果も期待できると言えますね。

アンファーが「生える」と断言する理由はこのあたりにある訳です。

また、リアップと違い酸化防止剤が使用されていない点も同商品のポイントかなと思います。

スカルプDメディカルミノキ5の評判と口コミ

スカルプDメディカルミノキ5は発売されたばかりの商品であるため、いまだに評判や口コミはありません。