ラン活という言葉が一般的に広まったのは土屋製造所のランドセルがあまりにも人気だったからという背景があります。

2016年7月1日に土屋製造所のランドセルが発売されるや否や圧倒的な人気すぎて土屋鞄製造所のホームページにつながりにくくなり、電話は繋がらずの状態になったそうです。

今回はなぞそんなに土屋鞄製造所のランドセルが人気なのかという点に迫ってみたいと思います。

土屋鞄製造所のランドセルはなぜ人気?

1つはラン活と呼ばれるランドセル活動の流行ともいえる状況が生み出されたことですね。

その背景には意外に思われるかも知れませんが、少子化があります。

子供の数は減っている一方でランドセル市場は2010年には350億円程度だったのが2015年には600億円程度に膨れ上がっていたと言われています。

その原因はさまざま考えられますがやはり1人あたりの子供にかけるお金が多くなったということがあげられるでしょう。

世帯あたりの収入は下がり続けているのが美しい国日本の姿ですが、殊孫の買い物となるとお爺ちゃんおばあちゃんの財布も加わります。

昔は孫の数が10も20もいるということは珍しくなかったのですが、今は孫が1人か2人ということも珍しくなくなってきました。

かつては10人に分かれていた孫にかけるお金も今は1~2人に集中するので1にんあたりは5倍から10倍になる計算になります。

その結果起こったのがプレミアムランドセルブームです。

祖父母が孫にプレゼントをあげると両親からは怒られてしまったりするのですが、ランドセルなどは両親世帯からすると必需品であるためむしろ歓迎される傾向にあります。

そのような背景もあり、工房系ランドセルと言われるプレミアムランドセルの需要が高まったわけです。

最も、工房系ランドセルにもいくつも種類があります。その中でも土屋鞄のランドセルが人気であるのはその品質もさることながら、話題性の部分も大きかったと思います。

人間は手に入りにくいものに魅力を感じる生き物なのです。

限定〇個販売!と言われると弱いですよね。一種の本能であり集団本能だと言えるかも知れません。

昔あったたまごっちブームとかピンクレディブームなんかと同じ類の現象と言えますね。

たまごっちも入荷した瞬間に売れなくなりましたから。

土屋鞄製造所のランドセルの性能と魅力について

土屋製造所のランドセルの性能について客観的に見てみましょう。

まず、ランドセルの基礎知識でもあるのですが、ランドセルの素材にはコードバン(馬の皮)、牛の皮(ヌメ皮)、人工皮(クラリーネなど)の3種類があり、左に行くほど高級になります。

土屋鞄のランドセルもこの3種の皮で作られており、それぞれの素材によって値段が違います。

以下は土屋鞄ランドセル2019年度版の価格表となります。

*価格は税込み、送料は無料

クラリーノ ベーシックカラー 59000円
牛革 ベーシックカラー 69000円
コードバンベーシックカラー 94000円
ヌメ皮 100000円
コードバン つやあり仕上げ 120000円

工房系ランドセルの中でも特に高めの値段設定となっています。

2019年度からはA4ファイルに対応しており、より一層人気が高くなることが予想されますね。

土屋鞄製造所はランドセル専用のインスタグラムやツイッターも運用していますので気になる方はそちらをご覧になるのも良いでしょう。

外部リンク:https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/

外部リンク:https://twitter.com/tsuchiya_rando

土屋鞄ランドセルの評判と口コミ

実際に土屋鞄のランドセルを購入した方々の口コミを見ていきましょう。

やはりいいものを買ってあげたいですよね

孫の入学祝に買いました。今はラン活と言われるように一部のランドセルの入手が困難になっていて、土屋鞄製造所のランドセルは特に人気だという記事を見て孫にこのランドセルを買ってあげたいと思いました。

実際に使っているのは私ではありませんが、やはりしっかりとした作りに見え、買ってよかったなと思っています。

ちょっと重そうなのは気になりましたが、男の子なのでそのうち軽く感じることと思います。ランドセルは常に背負うものなので、やはりいいものを買ってあげたいですよね。

高かったのですが買ってよかったと思っています

新聞にのるくらい大人気のランドセルですよね。実際通販が開始された時はホームページも見られなくて電話もつながりませんでした。手に入らないんじゃないかとさえ思いました。

実際に買ってみると手触りが全然違いますね。高かったのですが買ってよかったと思っています。

やはりガッカリとしてしまいました

苦労して購入してよかったと思える品質ですね。高かったけど買ってよかったと思います。ただ1つ残念な点はA4ファイルに対応していなかった点ですね。ランドセルの容量を大きくして中身のぐらつきによる子供への負担を防ぐためにA4ファイルに未対応だったと聞いた時はなるほどと思ったのですが、2019年度版はA4ファイルに対応すると聞いてやはりガッカリとしてしまいました。なんだか裏切られた気分です。