wordpressの魅力はその拡張性にあると言えるでしょう。

選べるテンプレートが優良無料問わず豊富であることに加え、拡張機能であるプラグインをインストールすることができるのが大きいですね。

そこで今回はwordpressをインストールしたらまず最初にインストールしたいプラグインについて記事にしたいと思います。

関連:自分のサイトを持ちたい人へブログの始め方を徹底解説!ブログを始めるならどこがいい?

最初にプラグインのインストール方法

wordpressにプラグインをインストールする方法は簡単です。

ダッシュボードにあるプラグインの部分から「新規追加」という部分をクリックします。

f:id:kellertheaffiliate:20170321150153j:plain

次に「プラグイン検索」という部分にインストールしたいプラグイン名を打ち込みます。

f:id:kellertheaffiliate:20170321150519j:plain

今回は「contact-form-7」というプラグインを打ち込んでみましょう。

 

画像は「有効」になっていますが、まだインストールしていない段階ですと「今すぐインストール」と出ますので、クリックしてインストールします。

「有効」という表示が出たらインストールは完了となります。

 

必須プラグイン10選

ここではwordpressサイトを運用する上でインストール必須のプラグインをご紹介させていただきたいと思います。

Akismet(Throws SPAM Away)

スパムコメントを振り分けしてくれるプラグインになります。

コメント欄を解放する場合、このプラグインがないとえらいことになります。以前コメント欄を解放したブログを運営していましたが、月に約1000件ぐらいのスパムコメントが来ていました(><)

特に海外からのスパムが多いので、このプラグインは必須となりますね。

ただ、実は導入が結構面倒くさいプラグインでもあるので以下の記事を参考にされるとよいかなと思います。

外部リンク:Akismetプラグインの使い方

ありがたい意見をいただきました。AkismetよりもThrows SPAM Awayの方がよさそうですね。

参考外部リンク:http://nagoya-neko.com/throws-spam-away/

PS Auto Sitemap

サイトマップの作成に必要なプラグインとなります。

テンプレートによっては自動でサイトマップを作成してくれるものもあると思いますが、そうでない場合は自分で作成する必要があります。

こちらのプラグインは簡単にサイトマップを作ってくれるので便利ですね。

固定ページにショートコードを貼り付けるだけでよいので非常に楽です。

使用方法などについては以下の記事をご参照いただければと思います。

外部リンク:PS Auto Sitemap (サイトマップ自動生成プラグイン)

Google XML Sitemaps

PS Auto Sitemapが訪問者に向けたサイトマップならこちらはgoogleに向けたサイトマップを送信してくれるプラグインです。

googleはそのサイトをgooglebotと呼ばれるロボットで認識することはよく知られていますが、その数には限りがあります。このプラグインはロボット達がサイトを認識しやすいようにサイトを整理してくれるプラグインとなっています。

外部リンク:Google XML Sitemapsプラグインの使い方

Contact Form 7

サイトに「お問い合わせ」を設置する際に使います。

こんな感じの「お問い合わせ」が簡単に作れるので重宝します。カスタマイズ性にも優れており、必須のプラグインと言ってよいでしょう。

f:id:kellertheaffiliate:20170321004031j:plain

使用法については以下の記事を参考にするのが良いと思います。

外部リンク:Contact Form 7を使って、WordPressにフォームを設置してみよう

AddQuicktag(おすすめ度高し)

個人的にお気に入りのプラグインです。

【例えばこんなことや】
こんなことも簡単にできます。

cssをいじらずにタグの設定が簡単にできるためwordpress初心者に優しいプラグインと言えますね。

最初の設定だけ少し面倒ですが、一度設定するとワンクリックで色々できるために便利です。

「AddQuicktag」をインストールするとダッシュボード⇒設定⇒AddQuicktagで設定ができるようになり、以下のような基本画面に行けます。

f:id:kellertheaffiliate:20170321155846j:plain

色々ありますが入力が必要ななのは「ボタン名」「開始タグ」「終了タグ」の3つです。

「ボタン名」は適当に入力しておきましょう。

以下は例として青色の枠無し囲みのタグとなります。

開始タグ:<div style=”padding: 20px; background-color: #f0f8ff; margin-top: 30px; margin-bottom: 30px;”>

終了タグ:</div>

タグの入力が終わったらラジオボックスの右端にチェックを入れるのを忘れないようにしましょう。

f:id:kellertheaffiliate:20170321160525j:plain

チェックを入れておかないと機能しないようになっています。

worpressの記事編集画面に行くと設定したタグを使えるようになっています。「枠無し青」というのがその部分ですね。

成功するとこのように枠無しの青囲みができるようになります。

タグの入力などにはHTMLの知識が必要となりますので、以下の記事をご参照なさるのが良いでしょう。

外部リンク:http://masaboo.cside.com/new_html1/ht_menu.htm

色や囲いのコードなどは以下の記事が参考になります。

外部リンク:http://tukasablog.com/957.html

TinyMCE Advanced

wordpressの記事編集画面そのものを編集できるプラグインとなっています。

wordpressのデフォルトのエディット画面(記事投稿編集画面)は以下のようになっています。

f:id:kellertheaffiliate:20170321005049j:plain

ちょっと味気ないですね。TinyMCE Advancedを使うと表(テーブル)や蛍光マーカーなどの以下にあるような機能を追加できるようになります。

f:id:kellertheaffiliate:20170321005343j:plain

HTMLのタグ打ちだとかなり面倒くさいテーブルの作成が一瞬でできてしまうのはとても良いですね。

このプラグインの使い方は以下の記事をご参照なさるのが良いと思います。

外部リンク:http://links-creations.com/site-building/tinymce-advanced/

Table of Contents Plus

目次を勝手に作ってくれるプラグインです。

こんな感じの目次も簡単に作れます。

カスタマイズ性能も高く、使いやすいので万人向けのプラグインだと思います。

Table of Contents Plusの使い方に関しては以下の記事が詳しいですね。

外部リンク:https://crosspiece.jp/plugin-toc-cutom/

WordPress Popular Posts

必須という訳でもないですが、あると便利なプラグインです。

サイトのアクセス数が1日、1週間、1か月という単位で簡単にわかるようになっており、サイドバーなどに人気記事ランキングを設置することもできます。

こんな感じですね。

f:id:kellertheaffiliate:20170321145853j:plain

WordPress Popular Postsに関しては以下の記事が詳しいですね。

外部リンク:https://hisagawanet01.com/wordpress-popular-posts/

Shortcodes Ultimate(おすすめ度高し)

好き嫌いが分かれるプラグインですが、個人的には愛用しています。

様々な用途で使え、こんな感じに記事を装飾したり、

開けてみる

このようなスポイラーを設定できたりします。

利用方法は設定したショートコードを挿入するだけととても簡単ですので、cssに慣れない方にはおすすめ度が特に高いプラグインとなっています。

Shortcodes Ultimateに関しては以下の記事が詳しいですね。

外部リンク:https://netaone.com/wp/shortcodes-ultimate/

All-in-One WP Migration(めちゃ便利)

wordpressサイトの引っ越しを簡単にすることができるプラグインです。

最初にインストールしておくべきとも言えないのですが、あるとものすごく便利です。

wordpressサイトを運用していると、サーバーやドメインの引っ越しをしなければならない時があります。

かくいうこのブログもロリポップサーバーからxサーバーに移転をしています。

従来wordpressサイトの引っ越しは大変な作業が必要で、代行業者まで存在していたぐらいなのですが、このプラグインがあればだれでも楽にサイトの引っ越しが可能となります。

All-in-One WP Migrationに関しては以下のサイトが特に詳しいですね。

外部リンク:https://its-office.jp/blog/wordpress/2016/04/16/WP-Migration.html

wordpressを運用する上であると便利なプラグイン6選

必須とまでは言えませんが、あると便利なプラグインとなっています。

SiteGuard WP Plugin

wordpressのセキュリティを1段階上げてくれるプラグインです。

主にプルートフォースアタックからサイトを守ってくれます。

プルートフォースアタックというと格好良さそうな名前ですが、ログイン画面においてひたすらパスワードを打ち込む手口となります。これが実はかなり厄介で、パスワードが特定されるとサイトの改竄などが行われる場合があるため、対策はできればしておいた方がよいですね。

SiteGuard WP Pluginに関しては以下の記事が詳しいです。

外部リンク:https://bibabosi-rizumu.com/siteguard-wp-plugin/

UpdraftPlus – Backup/Restore

wordpressサイトのバックアップを自動でしてくれるプラグインです。

wordpressでブログを運用する場合、結構な割合で消えます。

下手に何かをいじったりすると割と・・・

それ以外にも不正アクセスやサーバーが堕ちるなどの理由でサイトが消えてしまうということがないとは言えません。

そのため定期的にバックアップをしておきたいですね。

こまめにバックアップをしておけば簡単に再現ができるので便利です。

UpdraftPlus – Backup/Restoreに関しては以下の記事が詳しいですね。

外部リンク:https://iwaki-kosodate.net/how-to-use-updraftplus/

Simple Custom CSS and JS

必須という訳ではないですが、あるととても便利なプラグインです。

ちょっと複雑な設定やデザインをしようと思うとcssをいじる必要があるのですが、知識がないと何のことやら・・・となります。

以下のようなサイトで気に入ったデザインがあるのでやってみようとしてもどこをどうすればいいのやら・・・

外部リンク:https://saruwakakun.com/html-css/reference/box

そんなときに役に立つのがこのプラグインです。

詳しい使い方は以下の記事が詳しいですね。

外部リンク:https://otochan.net/1446/

WP Associate Post R2

楽天・アマゾン・ヤフーショッピングにおけるアフィリエイト設定などが簡単にできるプラグインです。

以前は有料でしたが現在は無料で利用できます。

以下の記事に詳しいですね。

外部リンク:https://ureshi-design.com/2018/06/26/wpap/

Search Regex

サイト内のテキストを一括で変換できるプラグインです。

人によっては必要となるかも知れません。

利用方法は以下の記事に詳しいですね。

外部リンク:https://www.adminweb.jp/wordpress-plugin/list/index27.html

Easy Watermark

画像に透かしを入れられるプラグインです。

画像のパクられを防止できます。

以下の記事に詳しいですね。

外部リンク:http://hublog.biz/bwpb/setting-of-easy_watermark-plug_in/

最後に

プラグインはとても便利なのですが、定期的にアップデートなどがあったりプラグイン同士の相性が悪いと不具合が起こることもあるため、用途に応じて必要最低限のプラグインだけインストールするのが良いと思われます。