多分2010年頃からだったと思いますが、優良な家庭教師センターは料金の開示と無料体験授業を行うようになりました。

その背景には家庭教師業界における「いい値」がまかり通っていたことがあります。

あらかじめセンター側が料金を明示せず、営業などによってセンター側の都合のいい金額が提示されることなどが、実は今でも存在しています。

また、授業料を安めに設定することにより顧客を「釣り」高額な教材をローンや月額にて販売するという業者も未だ存在しています。

そこで今回は家庭教師の授業料や月額料金の相場はどれくらいなのか?という点について記事にしたいと思います。

プロの相場・学生の相場

一般的に学生家庭教師の相場は税抜で1時間3000円から4000円程度(税込みなら3240~4800円)、プロ家庭教師であれば5000円から8000円程度(税込みなら5400~8640円)の間におさまると言われています。

この範囲よりも著しく高い場合も著しく低い場合も注意した方が良いでしょう。

どちらかと言えば個人的には高い場合よりも低い場合の方に注意をした方がよいと思いますね。理由は後述いたします。

著しく高い場合は医学部受験やふくろう家庭教師のように一流どころをそろえているようなセンターもありますので一概に悪いともいえないのです。

全国の主要な10社ほどの家庭教師センター授業料表がありますので見てみましょう。

家庭教師センター名 学生授業料(税込み) プロ授業料
学研家庭教師(全国型) 3456~5200円 8640円(プロはプレステージ6588~)
中学受験ドクター(一都三県・中受のみ) なし 5184~8856円
家庭教師ノーバス(関東地方) 3384~4824円 5184~8136円
ふくろう博士(一都三県) なし 8397~18981円
ワオチィーチャー(オンライン家庭教師) 3700~5700円 6700~10000円
マイナビ家庭教師(一都三県) 6400~13000円 なし?
東大家庭教師友の会(一都三県) 3780~11000円 なし
登竜会(オンライン対応) 6357~6875円 なし
四谷進学会(一部地域を除き全国型) なし 4200~9500円
プロシード(関西) なし 4860~9720

ホームページ上に記載のないセンターは除外しています。

こうやって見ると所謂相場内における価格帯のセンターの方が少ないという印象を受けるかも知れませんが、上限はトッププロであったり医学部などの特殊案件であったりするので高いから悪いというものでもありませんね。

 

なぜ相場よりも著しく安いセンターをおすすめしないのか?

高い分にはそれほど問題ないと言いましたが、安い分には気を付けた方がよいということを書きました。

センターの中には1時間の授業料が1000円ほどのセンターがあったりします。何かパッケージでも売られているのかセンター名も地域名も別なのに同じ料金表が記載されていたりします。

学生の求人欄や概要、口コミなどを調べるとご家庭からの授業料は全額学生に渡るそうです。

なんて素敵なセンターなんでしょう!!!

きっと事務所の運営費や社員の給料や求人費や営業費用などもすべて会社が負担してくれるんでしょうね!

それらの毎月のコストはきっとその業者がボランティアで支援しているに違いない!

なんてことはあり得ませんよね。

細かく調べていくととある企業グループの名前が出てきたり、教材の販売営業をされたという口コミが多数出てきます。

昔ながらの教材屋が消費者庁などの注意を受けて別名義で営業しているところもあるようです。

そうでなければ利益が出ませんね。

ただ、そういった業者ほどインターネット上の火消しに躍起になる傾向があり、当サイトもそういった業者の攻撃に悩まされていたりもします。

特にそういった企業に雇われる弁護士は厄介ですね。

弁護士の中には社会的正義のせの字もない、金さえもらえば悪魔にでもなる輩が多く嘆かわしいものです。

個人的に1時間の授業料が2000円以下である場合には注意が必要であると思います。

逆に高い分にはそれなりの自信があるということでもあるので、良い家庭教師を子供につけたいという場合にはあえてそういったセンターに連絡するのもありかも知れません。

関連:決定版!プロがおすすめする総合家庭教師ランキング