知力という意味の造語を名前とした予備校Gnoble (グノーブル)

新宿校を本館とする同校について詳しく見ていきましょう。

Gnoble グノーブルの特徴

・中学受験から大学受験まで幅広く対応している

*キッズ英会話教室(グノキッズ)もあり

・難関中高一貫生が多い

・中学生の指導教科は英語と数学のみ

・大学受験生の場合は英語・数学・国語・化学・物理・小論文

・英語のオリジナル音声教材などがある

グノーブルは特に英語の指導において評価の高い予備校となっていますね。

鉄緑会と並び、開成や筑駒などの最難関校の生徒が数多く通うことでも知られています。

Gnoble グノーブルの合格実績

大学受験

大学名 合格人数
東京大学 118名
国公立医学部 64名
慶應医学部 10名
早稲田大学 245名
慶應義塾大学 285名

実績は2018年のものです。

100名を超す東大合格者を出すなど規模に比べての合格実績がずば抜けていますね。

中学受験

中学校名 合格人数
開成中学 12名
桜陰中学 7名
麻布中学校 11名
渋谷学園幕張中学 30名
栄光学園中学 9名
聖光学院中学 14名
筑波大付属駒場中学 5名
筑波大付属中学 7名
灘中学 3名

こちらも最難関中学への合格者を輩出しています。

Gnoble (グノーブル)の評判・口コミ

グノーブルのお陰と思っています

英語の授業が良いということで有名な塾です。他の塾と比べて内容がハイレベルで、英語が好きなわが子には意欲を掻き立てるものがあったようです。

他の集団塾の雰囲気が合わないことはあっても、グノーブルに関しては意欲的に通っており、宿題もきちんとこなしていました。

その効果は大きくあったようで、高3で通っていたグノーブルを、浪人になって辞めてから(浪人コースは無いため)、英語力が落ちたと本人は感じていたようです。特にリスニングに関して顕著に感じていたと思います。

校長先生(経営者?)が直接授業を持って教えて下さることも好感が持てますし、授業内容への質問事項に対しても真摯にお答えいただけるとのことで、もともと好きだった英語がさらに好きになったのはグノーブルのお陰と思っています。

利用した立場:保護者

 

凄い楽しく学べる。物理は、実績のある論文を利用して学ぶけど受験に役立つより大学での講義を受けている感じ

難関大学を目指したい人々が集い内容も充実してる。英語のテキストは、たいへん良くできている。独自のテキストは、他の科目でも同じです

科目によって先生のパーソナリティも異なりますが、熱心でプロフェッショナルな講師の先生が多い。
生徒と教師の距離が比較的近く、親しみやすい先生が多かったようです

まめにクラス分けテストがあり、程よい緊張感が保てると思う。中高一貫出身の生徒が多いので、公立校出身者は最初は少し授業の進度にキャッチアップするのが大変かもしれません。

引用元:https://www.jyukunavi.jp/hyouban/blist/14580.html

グノーブルのyoutubeチャンネルもありますので、気になった方はご覧になるのも良いでしょう。