中央高等学院の評判と口コミ

【中央高等学院に入学したきっかけ】

私は中学卒業後、普通科の高校に通っていました。しかしそこの高校でイジメに遭い引きこもりとなって退学することになりました。19歳頃まで引きこもっていましたが、このまま高校卒業資格も持たずに人生を棒に振ってしまうのではという恐怖心を抱えていました。そんな時に新聞広告で見つけたのがこの学校でした。この学校ならば自由にカリキュラムが組むことができ、私のような人間も多く通っているとのことでした。私はとりあえず高校卒業資格を取っておきたいという一心でこの学校に入学することにしました。

【実際に通った感想】

私は通信制サポートコースで高卒資格取得を目指しました。毎日通う必要はないので自分のペースで学校に通う事が可能です。私のようなイジメに遭い友人関係が不安であまり学校に通いたくないという方でも週1~2回のスクーリングで十分に卒業することが可能です。午前中のみや午後からのみスクーリングすることも可能なので非常に楽です。担任制が導入されているためレポート提出などで不明な点は気軽に担任に聞けるので安心です。不登校やイジメなどの経験がある方も大勢いるため対人関係が不安な方でも問題ありません。私のようなとりあえず高校卒業資格が欲しいという方には是非オススメしたい学校です。

卒業生

【中央高等学院に入学したきっかけ】

元々中学時代から不登校で問題児でした。
勉強も全く出来ず、普通の高校は厳しかったし、毎日通わなくてはいけないと考えるとゾッとしてしまい、通信制の高校を探したのがきっかけでした。
始めは普通の全日制高校を受験しましたが、すぐに馴染めず、中退。普通の全日制高校では生きていけないと思い、そんな時に出会った中央高等学院は何よりも自由な校風、不登校児に対するサポートなどもきちんとしているようで、ここなら通えると思い、入学を決意しました。

【実際に通った感想】

先生方もとても親身で、優しい先生方ばかりでした。
こういった学校は不登校児だったり、心に闇を抱えていたりと社会的に弱い立場の人間ばかりでしたが、の学校の先生方はそういったサポートもしてくれ、とても良かったです。
私は生まれて始めて学校って楽しい場所なんだ、と思ったくらいです。
今振り返っても一番楽しかった時代は高校時代です。
私は高校時代に戻りたいです。それくらい本当に私には合っていたし、良い学校でした。

中央高等学院ってどんな学校? 長所や短所はあるの?

中高等学院は広域性通信制高校・中央国際高等学校の指定サポート校となっています。

この辺りは少しわかりにくいのですが、中央国際高等学校が通信制高校となっており、中央高等学院はあくまでサポート高となっています。

中央高等学院に通うことで、単位取得から進級・卒業に必要な全てのサポートを受け、99%高校を卒業することができます。

引用元:中央高等学院ホームページ

中央高等学院では以下の6つのコースから自分の通うコースを選ぶことができるようになっています。

・通信制高校サポートコース

・高卒認定試験コース

・社会人コース

・大学入試コース

・ライフサポートコース

・介護福祉就職コース

【募集要項】

■願書受付日:随時

【学費】

受講コースによって異なります。詳細についてはお気軽にお問い合わせ下さい。
※高校在学中または高校中退された方は、取得している単位数などによって学費は変わります。詳細はパンフレットにてご確認ください。

【キャンパス所在地】

■吉祥寺校:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-8(吉祥寺駅から徒歩5分)
■池袋校:東京都豊島区東池袋1-12-8(池袋駅から徒歩3分)
■渋谷原宿校:東京都渋谷区神宮前6-12-20 6F(原宿駅から徒歩4分)
■横浜校:神奈川県横浜市西区北幸2-6-1(横浜駅から徒歩4分)
■名古屋本校:愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19(名古屋駅から徒歩5分)
■千葉校:千葉県千葉市中央区新千葉2-7-2(千葉駅から徒歩4分)

 

中央高等学院には中学生コースもある

主に不登校の生徒さんのために中央高等学院には中学生コースが用意されています。

中央高等学院では以前フリースクール開催していたこともあり、ノウハウなども豊富です。毎週土曜日に通う形式となっており、そのまま中央高等学院に進学することが可能となっています。

 

資料請求は一括で行うのがおすすめ

少々面倒くさいと思われるかも知れませんが、通信制高校およびサポート校への進学は生徒と学校側の相性が非常に重要になってきます。ある人には合う学校がある人には合わないということもあるのは進学に限った話ではありません。

ある程度の数の学校の資料を請求し、面倒でも学校説明会などに参加することをおすすめします。

進路の話は大げさではなく生徒の一生を左右します。

入ってからこんなはずじゃなかった…ということのないようにしましょう。

関連:プロが解説する通信制高校の選び方~どうやって比較する?~