愛知県および静岡県西部で絶大な影響力を持つ佐鳴予備校中等部の評判・口コミについて詳しく見ていきましょう。

関連:佐鳴予備校高校生コースの評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!

佐鳴予備校中学生コースの評判と口コミ

とても適切な指導をしてくださったと思います

【入学したきっかけ(理由)】

息子はサッカー部に入り文武両道を目指していました。

中3になり高校進学を考えサッカー部を続ける前提で高校を選択したいといいある程度サッカー部が充実した学校というと西尾高校でありそこに入るには今の息子の成績難しかったので何とかしなくてはと考え悩んでいたら同じ部活の友達が佐鳴予備校に通っていることを知り様子を聞いたら確かに課題は多くかなり大変だが確実に成績は上がると思って目標達成のために頑張る決意と覚悟で佐鳴予備校の門をたたきました。

【実際に関わった口コミ】

確かに課題は多く塾の月謝も高く週に3日の送り迎え等親の負担は大きいです。

しかしやはり確実に成績は上がり先生がとても親身になりこどもに関わってくださり励ましたり時には叱りその時の必要にあわせてとても適切な指導をしてくださったと思います。

要するにこどもをやる気にさせる関わり方をしてくださり先生というよりむしろ共に受験を戦う同士の様だったと息子は言っています。日々の授業のみでなく合宿や懇談会等も企画してくださり良い経験ができたと感謝していす

【合格した学校名】

愛知県立西尾高校

佐鳴に代わってから、成績は、上り調子です

中二から通っております。中一では、違う塾に通っていましたが、佐鳴に代わってから、成績は、上り調子です。

先生の教え方も的を得ていてわかりやすく、また動画や画像をつかった授業スタイルも、飽きさせることなく、授業に集中できるようです。

定期テスト対策も、二週間前に模擬テストがあり、早め早めの準備で、万全を期して臨める体制になっているところも、良いように思います。

年に4回開催される模試も、自分の今の実力がわかるので、とてもいいです。あと、自習室を開放している点も、良い点です。自分だけでは、気持ちがめげそうになるときも、自習室に行くと、やる気になるようです。

息子は、今年中三で、受験生になりますので、希望する進学校を目指すべく、親としては、多いに期待しているところです。

保護者として利用 生徒の第一希望は旭丘高校

苦手科目であった国語は佐鳴予備校に入ってから成績は上がりました

【入学したきっかけ(理由)】

小さな塾ではなく入試のデーターが豊富にある塾に通いたいと思っていたところ、成績のいい友人が佐鳴予備校に通っていたので、私はその友人よりも少し成績は悪かったのですが、その友人と同じ高校に行きたいと思っていた私は友人が通っている佐鳴予備校に興味があったのでどうせ塾に通うならばライバルが通っているところに通った方がいいのではないかと思ったのです。

そして、両親にこのことを相談したところ了承されたのでこの予備校に入学しようと私は決めたのです。

【実際に関わった口コミ】

佐鳴予備校は静岡県内では大手の予備校だったので、そこで教えている講師の質もそれなりに高く感じました。私がこのように感じた理由は授業を受けた後にほとんどその授業では疑問が残らないことです。

つまり、授業を受ければわからないことがないのです。わからないことがないということは、後で復習する時に疑問点がないので短時間で復習できるので時間を有効活用できます。和や市の苦手科目であった国語は佐鳴予備校に入ってから成績は上がりました。

佐鳴予備校 中等部 平日本科コース

とにかくよく研究している塾なので、志望校の情報などは豊富で頼りになりました

同じ校舎に学校の友達が何人もいたので楽しく通えました。校舎がいくつもあり、大体みんな近隣のところに通っているため誰かしら知り合いがいる状況でした。

成績が良い子ほどしっかり面倒を見てもらえるというか、気にかけてくれていると感じました。私はわりと上位の方だったので先生が積極的に話し掛けてきてくれて、分からない問題も聞きやすかったです。しかし塾内で下位の方の友達はそんな風に対応してもらったことないと不満げでした。

定期的にクラス分けがあって、点数で決まるのでドキドキしていました。最初は嫌でしたが、今思えば勉強のモチベーション上げには必要なことだった気がします。とにかくよく研究している塾なので、志望校の情報などは豊富で頼りになりました。

元塾生

 頑張ったおかげで夏には難しいといわれていた高校へ無事入学できました

当時、地元で1番有名な塾だったからです。中学生の時に利用したのですが、行きたい高校への合格率が高く、確実に成績が上がると友人間で話題になっていました。実際、多くの友人が通っていたこともあり、ほかの塾とも迷いましたが、友人が多い方が良いということで決めました。また、夏期講習のコース受講は、通常料金よりも安くなっていて両親も快く通わせてくれました。自宅ではなかなか勉強がはかどらなかったので、塾にある自習室を自由に使えること、わからないことがあったら職員室のような部屋へ行くといつでも質問できるというのも決め手の一つでした。立地も良く、公共交通機関を利用して通えるので両親の負担にもならずに済むことも魅力でした。高校入試について熟知している先生ばかりで、授業でやる問題なども実際入試に出るものばかりでした。苦手だった数学も、図形などはスクリーンを使って授業してもらえたのでイメージしやすくわかりやすかったです。わからない問題があった時も先生に質問すると丁寧に対応してもらえました。わかりやすい授業をする先生ばかりでとても良かったです。各教科の対策がしっかりできたことで、勉強の効率が上がり、成績も本当に上がりました。成績順で席が決まるのは少しプレッシャーでしたが、おかげで頑張れたと思うし、席が近かった子はだいたい同じ高校へ入学しました。高校入学後に知り合いが多かったのはとても居心地よかったです。大変だったのは、夏期講習期間中に分厚い1冊のテキストをやりきらないといけないことでした。学校でも大量の課題が出ていたので、日々の塾の授業後の課題と併せて常に問題を解いた気がします。ひたすら問題を解いて傾向を知るというのが目的だったようなので、苦労しましたが、頑張ったおかげで夏には難しいといわれていた高校へ無事入学できました。

佐鳴予備校の特徴

・愛知、静岡、岐阜の3県で展開している

・オリジナルのテキストを使用している

・パソコンを利用したオリジナル質問システムがある

・佐鳴オリジナル模試がある

・中学校3年生のために進学情報誌を発行している

佐鳴予備校中等部の合格実績

以下は2018年度の合格実績となります。

高校名(定員) 合格者数
岡崎高校(400名) 209名
刈谷高校(400名) 198名
時習館高校(320名) 152名
旭丘高校(320名) 87名
東海高校 41名
浜松北(400名) 218名

公立王国としてその名を全国に知らしめる愛知県の各トップ高校への合格者占有率がすさまじいですね。

特に東大合格者数で全国公立トップになることもある岡崎高校の合格者の約半数が佐鳴予備校の出身者であるから驚きです。

静岡県のトップ高校である浜松北高校も同様に約半数の合格者を輩出しており、東海地方随一の進学塾ということが言えるでしょう。