中学校に入って最初のテストは良かったのにドンドン点数が下がってきてしまって・・・

というお悩みを数限りなく聞いてしました。どうも僕です。

今回はどうして中学生のテストの点数が段々さがってしまうのかという点について記事にしたいと思います。

中学生の定期テスト結果において平均点は3年生の前期まで下落する

80から90%の中学生は最初の点数が一番良いという結果に終わります。

中学生の定期テストというのは、中学校1年生の最初のテストからドンドンと平均点を下げていき、大体が中学校3年生の前期テスト(1学期のテスト)まで下がり続けます。

もちろん純粋な右肩下がりという訳ではなく、上がったり下がったりを繰り返しながら下がっていくわけです。

上がったり下がったりする理由は、テストの平均点が悪かった場合次のテストを簡単にする傾向があるからです。

通常、各教科ともに平均点が60点に近くなるようにテストを作成しようとします。5教科だと300点ほどですね。これはある意味の基準値であると言え、これよりも著しく高い数値もまた著しく低い数値も問題ありとされます。

高ければ問題ないんじゃないの?と思う方も多いと思いますが、平均点が400点を超すような定期テストはやはり問題ありです。

本当にあった話なのですが、平均点が90点という中学校がありました。皆自分たちは90点もとれるんだからさぞ学力が高いに違いないと思っていたのですが、その中学校はその自治体内で行われる実力テストが自治体内でずば抜けて低かったそうです。

要はものすごく簡単なテストを出し続けていたわけですね。英語90点をとっている生徒が「know」という英単語を書けなかったと聞いた時はさすがに腰が抜けそうでした。

ゆとり教育が導入された当時、あるいは成績が相対評価から絶対評価になった時にはよくあった話です。生徒の通知表の点数が高ければ受験に有利になると考える学校関係者が多かったわけですね。そのせいで4や5が乱発された時期もありました。現在ではその辺り調整された点数がでるようになりましたが、所属している学校によっては受験に著しく不利になることもあるため個人的には不公平であると思います。

さて、話が脇道にそれてしまいましたが、そのような事情もあり平均点を300点に近づける調整のようなものを行うことが多く、かつその見通し通りには大体ならないため平均点は大きく前後します。

もちろんそう言った調整のせいだけではなく、多くの生徒が苦手とする分野であれば点数は低くなる傾向にあります。例えば数学で関数が出てきた時などですね。

あとは部活の大会が近いことや気のゆるみなどもあるでしょう。夏休み以降は受験を意識するためか点数などは上昇傾向にあります。

 

特に英語と数学は下がりやすい 下がらないようにするためには?

理科や社会、国語などは始めに比べて特に点数が減少する科目という訳ではありません。

下がるのは英語と数学、特に英語ですね。

英語は最初アルファベットを全部かけたら50点ぐらいとれるみたいな問題がでるのですが、だんだんと難易度があがり、ほとんどの生徒がさっぱりわけわからんなまま授業が進んでいきます。

そうなってしまう背景は色々あるのですが、英語を担当する教師が帰国子女が多く、自分で英語はうまく扱えるのですが人に教えるための技術が皆無であることが主な原因と言えます。

我々日本人の使っている日本語と英語の違いなどを意識せずに教えていることが大きな原因ですね。

私自身中学校から大学までの英語教師で優れた教授技術を持った方に会ったことがありません。

教育業界ではよく「数学は3流でも教えられる、英語は1流でないと教えるのが難しい」と言われますが、英語を教えるのは非常に難しいです。

ちなみに私も英語についての動画をyoutubeに載せていますのでご参照いただければ幸いです。

この記事を執筆している時点で英語の動画は中学校2年生の不定詞しかないのですが、暫時英語の授業も追加していきますのでチャンネル登録などをしていただければと思います。


英語に関しては日本の行政府が確かな教授方法を提示できていないことにも問題がありますね。

漢字は死ぬほど練習させるのに英単語の練習はあまりやらせなかったりしますからね。中学校2年生で「know」という英単語を書けない読めないという生徒が誕生してしまう訳です。

さて、英語と数学が特に点数が下がってしまうのには理由があります。

中学校の英語・数学の学習というのは前に習った分野をきちんと理解している前提で進みます。

1年生の比例および連立方程式を理解している上で一次関数の分野に入ります。

でも実際には大半の生徒がそれらを理解していないまま一次関数に入ります。

結果として一次関数に関する入試の問題が6割近い白紙率となって出てくるのです。

今の分野の数学が理解できていないのは、前の分野が理解できていないためです。

下手をすると実は小学生の時の分野が理解できていないことが原因です。

「子供の数学の成績が悪い」とお嘆きの保護者のお子様に小学生の算数のテストをやってもらうと大体半分以下の点数です。

そりゃあ今の授業についていけないよね。

やる分量に対して時間が足りなすぎる現状もある

殊数学に関してはやる分量と授業時間のバランスがとれていませんね。無理があると思います。

10の分量をやるのに10の時間が必要なのに時間が7ぐらいしかないイメージです。それもそのはずで、例えば20年前に比べてやるべき分野が増えているのに授業時間は減っているというヒドイ罰ゲーム仕様となっており、それで終わらせろというのは国の横暴でしかありませんね。

背景にはPISAなどの国際学力テストでの日本の後退があり、文科省が焦っている背景がありありと見えますね。

ある意味学力はゆとり教育の時よりも上昇しているのですが、数学が嫌いな生徒の割合は世界最高レベルになってしまっています。

そのような現状もあり、私自身youtubeで授業の配信を行うことにしました。

中学生で習う分野はすべて解説するつもりですのでよろしければチャンネル登録お願いします。

読書もしていこう

現在では娯楽があふれかえっています。テレビにスマホにyoutubeに、子どもの娯楽の選択肢は広がるばかりで、活字を読む機会は減ってきました。

成績を上げるためには活字慣れが必要です。学力は読書量に比例するとおっしゃる方もいらっしゃいますが、その通りである面もありますね。

私も色々試したのですが、漫画などではダメなようです。

ある程度まで行くと学力の差が「抽象的思考能力」に依存するようになります。偏差値で言うと70を超えられるかどうかというラインですね。

この「抽象的思考能力」を鍛えられるのが活字の本による読書だと言えます。

これは私の経験則によるものですが、本棚を見ればその生徒の大体の学力はわかる傾向にあります。もちろん必ずしも正確ではありませんが。

本棚に活字の本がない生徒が成績の良かったためしがありません。

週に1冊は最低限活字の本を読むようにしたいものです。

本を読むと色々と考えるようになります。テストの点数は単純な暗記力に決まるという人がいますが、どちらかといえば思考力で決まる部分の方が大きいと思います。

思考力はやはり読書によって鍛えられるものですので、普段の生活から訓練が必要となります。

普段からマラソンしない人がいきなり42キロを走れないのと同じですね。