小中学生向け通信教育サービスである「学研ゼミ」のいわば高校生版にあたる「学研プライムゼミ」について詳しく見ていきましょう。

学研プライムゼミの特徴

・オンライン授業なのでPCやスマホで好きな時に授業が見られる

・有名講師の授業が受けられる

・再生速度を2倍速などにできる

・医学部ゼミもある

最近流行りのオンデマンド式の授業配信サービスとなっていますね。

「マドンナ古文」で有名な荻野先生や「ドラゴン桜」の実在モデルである英語の竹岡先生、私も習ったことのある漢文の宮下先生など有名な講師の方が授業を行うことにも大きな特徴があります。

学研プライムゼミにはどれくらいの費用がかかる?

学研プライムゼミは会員登録は無料ですが、映像授業は個別に購入することになり、セットで購入することで一定の割合割引となるようです。

以下いくつかの映像授業の購入代金を記載したいと思います。

*価格は変更されている場合がございます。あらかじめご了承ください。

難関大英語 高1 英語入門第1講から第4講:12,636円(税込)

数学Ⅰ・A攻略セット:62,640円(税込

難関国公立大学英語:140,940円(税込)

1授業90分で大体3000円前後となり、予備校の授業としては平均的な額であるかなと思います。

ただ、最近では月額980円(税抜)であらゆる授業が受け放題のスタディサプリなども出てきているため相対的に高く感じるかも知れません。

 

学研プライムゼミの評判と口コミ

実際に学研プライムゼミを受講した方の評判や口コミを見てみましょう。

高校2年の夏に古文、高校3年で日本史と世界史を受講しました。いずれも少し苦手意識を持っていた教科でしたが、受講してその教科に興味が持てるようになり、その後自分で学習するためのモチベーションを上げるきっかけをつくってもらえたと思っています。

学研プライムゼミは、まとまった単位での受講が必須ではなく、自分の希望する分野だけ受講できることが魅力です。苦手分野は映像授業等で補完しながら自習をすると効率良く勉強することができると思います。
受験勉強の期間は苦しいと思いますが、苦しい苦しいと思って勉強していると1年間がもったいないと思います。せっかく勉強するなら、「いい大学に入るぞ」でも「勉強が楽しい」でもかまわないので、何か意味を持たせるとよいと思います。

東京大学文化1類合格

引用元:公式ホームページ

 

 

学研プライムゼミの評価とおすすめ度は?

授業の質に関しては間違いなくおすすめと言えるでしょう。

私が実際に読んだことのある本の著者や受けたことのある有名な先生方の授業ですので質的には保証されていると言えます。

問題なのはコストですね。どうしても高いという印象をもってしまいます。

予備校に比べてそれほど変わらないコストというのは、一昔前であれば大きなウリともなる部分でしたが、現在はどうしてもスタディサプリとの比較となってしまいます。

コスト差ほどに品質の差があるかと言われれば厳しいところだと言えるかも知れません。

IT技術によって多くの産業が衰退し、多くの人々が苦しめられるのは、もはや避けようがない流れだと言えますね。

人は常に変化をしていかねばならないし、競争に勝ちあがらねばならない。

厳しい現実がここに垣間見られますね。