家庭教師と塾のハイブリッドをうたう「登竜会」について詳しく見ていきましょう。

登竜会の特徴

・東大生のみで構成されている

・無料体験授業が行われている

・料金は明示されている

・大学院生の入試や幼児前教育、留学などあらゆる事項に対応している

・オンライン指導にも対応

・返金保証がある

同会は無料授業の実施および料金の明示という優良家庭教師センターの要件は満たしています。

最近流行りのオンライン指導にも対応しており、幼児前教育や院生の入試にも対応しているというのは珍しいですね。両方とも指導できる人材が限られているため貴重なセンターだと言えます。

もっとも、同会の最大の特色は東大生のみで構成されているというブランドイメージにあります。

講師の申し込み欄に学士、修士、博士と記載できる欄があることから現役の東大生のみが指導にあたっていると思ってよいでしょう。

登竜会にはどれぐらいの費用がかかるの?

同会にかかる費用は以下のようになっています。

コース名 月額 備考
通常授業コース 51000円 週一回2時間
短期集中コース 55000円 週一回2時間
自習コース 15000円 質問対応を含まない場合

*価格はすべて税込みとなります。

通常コースに関しては月額料金を+することで教師のランクをアップさせることも可能です。特定の学校に通っていた経験がある教師などを指定する場合はA、医学部対策や特定資格を持った教師の場合はSと言ったところです。

自習コースは他のコースとの併用もでき、質問対応などを含む場合は料金が追加となります。

質問対応オプションは月額25000円(税別)、1教科追加毎に25%増、学習戦略立案は初月と3か月毎に無料となりますが1回につき15000円(税別)となります。

これらの価格をどう評価するかは難しいところですね。

基本的に家庭教師の相場は学生教師なら3000~4000円、プロは5000~8000円ほどとなっています。これよりも著しく安い場合も高い場合も注意した方がよいのですが、同会は1時間約6000ぐらいとプロとしてみた場合にはそれほど高くはありません。ただし同会は講師がすべて東京大学の学生で構成されており、この付加価値をどう見るかによって評価は変わりそうですね。

個人的な意見ですが、一般的な生徒の場合はその付加価値はあまり価値のないものになるかなと思います。東大生が必ずしも教え方がうまいとは限らないので。

なお私の父も東大の卒業生でしたが、私が知る限り世の中で一番教えるのが下手だと思います。何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。所謂天才型の場合教えるのはとても下手な場合があります。

ただ、そこに付加価値を求める場合は決して高くない付加価値であると思います。

例えば東大に入りたい場合にはやはり東大出身の家庭教師がベストですし、開成や灘などに入りたい場合も同校出身の東大生家庭教師をつける意味は高いでしょう。

合格者にしかわからない感覚というものも存在していますし、希少であるが故の価値を見出せるかどうか、その1点ではないでしょうか?

価値というのは、それを価値づける者や社会によって価値づけられるという特性があります。

人間にとって金は何より高い価値の象徴ですが、犬にとっては無価値です。

登竜会の評判・口コミ

他大学から東京大学の大学院を目指している僕は、大学院生の講師を探していましたが、どこの家庭教師会社さんにお願いしても「そのようなレベルの高い講師はいない」と断られてしまいました。ダメ元で登竜会さんに問い合わせしてみたところ、すぐに探してくださり、なんと志望している専攻に所属している大学院生を講師として選任してくださいました。夢だった目標を現実的に目指せています。

東京大学大学院志望 Nさん

いくつも塾を試してみたのですが、小学校から中学校まで基礎からサボっていた僕はそもそも授業が分からず、やる気が出ませんでした。高校受験前になってアルファベットも読めず困っていたところ、先生と出会って、高校受験で使える英語力まで2ヶ月で引き上げてもらえました。先生は僕に足りない力がすぐ分かるようで、びっくりしています。大学受験も頑張ります

難関私立大学志望 Kさん

引用元:https://www.touryukai.com/%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%80%85%E3%81%AE%E5%A3%B0/

 

管理人

同会への口コミが入手できなかったためホームページから引用させていただきました。優秀な講師を多数抱えているのは間違いがないと思います。東大に入れるというのはやはりそれだけ優秀な証でしす、一般的な大学の学生よりも当たりが引ける確率ははるかに高いと言えるでしょう。

登竜会のおすすめ度は?

総合評価:B

同会への評価は東大生であることをどれほど評価するかによって大きく変わることでしょう。

例えば不登校の生徒を担当するのに東大生である必要はありませんが東大に行きたい生徒にとっては東大である必要があると言った感じです。

個人的には東大生家庭教師が起こした不祥事の穴埋めの仕事を何度もやったことがあるので、東大生であることの付加価値はあまり感じていません。一般的な生徒ですと差が開きすぎているのですね。生徒が置いてけぼりになってしまうこともよくあることなのです。もちろん人によりますが。

センターとしては無料体験授業も料金の明示もあり、料金もブランド料と考えればその設定もありなのかなと思います。

一般向けではありませんが、はまる生徒にははまる、そのブランド価値を考えるという点を考慮して当サイトでは初となるBという評価にさせていただきました。正直、大手のセンターなら東大生の登録はされていると思いますので、そちらでもよいかなぁと思ってしまいますね。

価格面で言えばプロでかつ東大出身という方の存在もありますし、センターの管理度で言えばふくろう博士などの方が優れたサービスであるかなとも思えるのも確かです。正直東大家庭教師友の会でいいんじゃないかなとも。

優良なセンターだとは思いますが、帯に短したすきに長しな印象が拭えませんね。