集団塾の数は実は年々減っているのですが、個別指導塾の数は増え続けています。

今回は個別指導塾のメリットとデメリットについて私見を述べたいと思います。

個別指導塾のメリット

うまくはまると成績が一気に伸びる可能性がある

個人的に個別指導塾があまりおすすめできないということもありあまりメリットは思いつきませんでした。

あえて言うならうまくはまると成績が一気に伸びる可能性があるという点でしょうか。

これは個別指導塾に限らず塾や予備校、家庭教師にも言えることですが。

個別指導と言ってもその形態も経営状況も千差万別であるため一括りにするのは失礼だと言えますが、それでもヒドイ経営をしている業者が多いのが事実です。

そうなってしまった背景は色々あるのですが、集団塾に比べて1人あたりの単価が高く設定できる点が経営する側から見ると非常にメリットが高いため、1人の講師が同じ時間に小学生の中学受験と高校生の化学と中学生の国語をやるというような滅茶苦茶なことが起こってしまう訳です。

経営者側から見ると1対1よりも1対3の方が儲かるからそうします。また、講師の研修などにまわす人手などは慢性的に足りず、ロクに研修もないまま現場にでるということもよくあるのです。

この辺りは家庭教師業界も同様のことがありますが、そのため講師の素養によって結果が大きく左右されることになるのです。

個別指導のデメリット

 

・教室の運営者に教育に対するノウハウがない場合がある

・講師がコロコロ変わることがある

・単価が無駄に高い場合がある

・講師に教育ノウハウがない場合がある

 

全て「場合がある」となっていますが、個別指導塾だからと言ってすべてがいい加減な経営をしている訳ではありません。ただ、そういった業者が多いなと感じるのは事実です。

教室の運営者に教育に対するノウハウがない場合がある

特にフランチャイズ運営している個別指導塾では元々サラリーマンをやっていて脱サラして教室の運営を行うという教室も存在しています。

コンビニなどと同じですね。

運営にかかるノウハウや集客にかかる宣伝費などを本部が提供する代わりにフランチャイズ料を支払うという形態です。大手の塾やマクドナルドなども取り入れている形態でそれ自体に問題があるという訳では必ずしもないのですが、やはり前述のような問題が起きやすい構造ではあるかと思います。

もっとも、必ずしも教育畑出身者だから優秀という訳ではないため、この辺りを一概にデメリットというのは個人的にはどうだろうという想いもあります。個別指導塾ではないのですが、千葉県にある渋谷幕張高校などは元銀行員の方が改革を行ったことによって県内の中堅私立高校であった同校を日本有数の進学校にしたという例もあるほどです。

講師がコロコロ変わることがある

あまりよくない塾でも起こりうることですが、担当の講師が辞めるなどしてコロコロ変わる場合とそもそもそういうシステムになっている場合があります。

個別指導の講師のほとんどは学生講師です。それ自体が必ずしも悪いという訳ではないのですが、生徒が個別指導塾に行ってもその講師がいないということがよくあります。

講師の出勤はシフト制になっているため、毎回同じ講師の個別指導塾の方が少ないと言えるでしょう。

それで成績アップが見込めるのだろうか?

と個人的には思ってしまう訳です。

確かに「講師が指導した」という結果はありますが、その中身はどうなるんだろう?と。

生徒の成績アップには長期的な視野が必要です。一度や二度の授業で爆発的に成績が伸びることなどありません。教育とは時間がかかるものなのです。

単価が無駄に高い場合がある

当サイトでは家庭教師の番付を発表しており、様々な圧力をかけられながらサイトの運営をしています(苦笑)。

当サイトの評価軸は主に「無料体験授業を行っているか」「ホームページ上に明確な料金表を載せているか」という2点によっていますが、それぐらい料金の明示は重要であると考えています。

というのも顧客の懐具合を見て料金を決める業者も存在しているからです。近年ではそれでも改善されてきた方で、一昔前はそれが常習的に行われていました。現在でも行っている業者は存在しています。ですので個別指導塾を選ぶ際にはその辺りをしっかりと確認してからにするのが良いですね。

講師に教育ノウハウがない場合がある

この点は講師側の責任というよりも経営側の責任が重いのですが、講師の教育に十分なリソースを割くことができない場合によく起こります。

慢性的に起こると言ってもよいでしょう。

個別指導は塾よりも講師の数が多いのが通常です。その教育に避けるほどの人手がないのです。

この点はむしろフランチャイズの方が本部で教育研修を行うため良い場合もあります。

ある種の構造上の欠陥と言えるかも知れません。

少々辛口にはなってしまいましたが、やはり個別指導を胸を張っておすすめすることはできないなぁと思います。

それでも個別指導塾を選択する場合は完全個別(1:1)である個別指導塾にしましょう。

うまくいけばメリットにあったように爆発的に成績を上げることができます。