塾や予備校に行くことに並んで進研ゼミやスタディサプリ、Z会などの通信教育を受けることは一般的だと言えます。

今回は通信教育を受けることのメリットとデメリットについて語っていきたいと思います。

通信教育のメリット

・費用が抑えられる

・時間と場所を選ばない(特に安全面)

・質が一定である

費用が抑えられる

塾や予備校、家庭教師などに比べても圧倒的に費用が抑えられる点は通信教育最大のメリットと言っても良いでしょう。

高校受験を例にあげると、塾や予備校は月額3~6万円ほど、家庭教師も3~6万円ほどですが、通信教育であれば1万円未満の費用で済みます。特にスタディサプリの費用は安く、月額980円(税抜)という驚異的な価格で授業が受け放題になっています。

通常通信教育に関しても年齢があがるほどに月額は上がり、幼年期であれば月額は2000円以下で済みますが、大学受験となると1万円を超すこともあります。それでも塾や家庭教師に比べるとずいぶん安いですね。

時間と場所を選ばない(安全面)

こちらは最大のデメリットにもなりえますが、基本的にいつでもできますしどこででもできます。

近所のイオンのフードコートでもできれば図書館や自宅の机の上でも学習が可能です。この点は家に来てもらう形の家庭教師やこちらから出向く形の塾・予備校とは異なりますね。

塾や予備校の授業は夕方から始まるため生徒が帰宅する際には夜遅くになることも珍しくありません。日本の安全神話は崩れつつあり、特に女の子を夜道に歩かせるのは危険性が高いことと言えます。

通信教育は塾や予備校に比べると安全というメリットがあると言えますね。

質が一定である

この点はピンと来ない方がほとんどだと思いますが、通信教育は基本的に全国の生徒が同じ教材および同じサービスを受けることになります。

塾や予備校、個別指導に家庭教師などは教師によってやはり大きく左右されるため品質が一律であるということはありません。

衛星予備校などなら話は別なのですが、基本的には講師の個性や力量に大きく左右されるのです。もっとも、それが魅力であるともいえるのですが。

長年サービスを提供し続けてきた通信教育の品質は高く、常に高品質なサービスが受けられる点は大きいと言えるでしょう。

通信教育のデメリット

・モチベーション管理が難しい

・強制力がない

2つはほぼ同じデメリットと言えるかも知れません。

通信教育の最大のデメリットはいくらでもサボれてしまうことです。

家庭教師なら生徒の日々の学習状況は厳しくチェックしていますし、塾でも宿題のチェックなどはやるでしょう。

予備校は受講する生徒の年齢が高いこともありあまりそういったチェックはしませんが、それでもライバルの存在や机を並べて勉強する者の存在はモチベーションを高めてくれると言えます。

通信教育はモチベーションを保つのが難しく、偉そうなことを言っている私も中学生の時はZ会の課題を貯めに貯めたことがあります。

自主的に勉強し、自主的にカリキュラムを守り、自主的にモチベーションを保つというのは、子どもでなくとも大人でも難しいことですよね。

毎日10km走れば痩せるとわかっていてもそれを続けられる人がどれほどいるでしょうか?

おすすめの通信教育は?

通信教育の世界も競争が激しく、現在では得意な部分をより強化する傾向が見られます。

例えばZ会は東大をはじめとしたトップ校を目指す生徒に特化していると言えますし、発達障害の生徒に対応したすららネットのようなサービスも登場しています。

どのような生徒にどのような通信教育がおすすめかという点については以下の記事にまとめてありますので参考にしていただければ幸いです。

決定版!プロの家庭教師がおすすめする通信教育総合ランキング2018