偏差値50というラインはその母体に対してちょうど真ん中にいるということを指します。

つまり平均的な学力があるということを指示している訳ですね。

そして問題はどんな母集団のテストであるかという点でもあります。

例えば公立中学の偏差値50と開成中学の偏差値50ではその持つ意味が異なってきます。

そこまで極端ではなくても高校受験の偏差値50と大学受験の偏差値50でも大きな差があります。

今回は全国的に見て上位50%を超えるにはどうすればいいのか?という点について記事にしたいと思います。

高校受験で偏差値50を超える

偏差値50と言っても、例えば市進模試での偏差値50はV模擬では55以上の数値が出ると思いますし、駿台模試であれば30ぐらいの偏差値になってしまうでしょう。

*駿台模試では偏差値50もあれば県立船橋高校に合格するラインです。

実はあまり知られていないことですが、学校によっても大きな差があり、例えば船橋市においても同じテストを受けた平均点がA中学校では300点近いのに対しB中学校では220点ほどであるということは珍しくないのです。同じ市内であってもそれだけ大きいので、実は自分がどれくらいの位置にいるのかわかりにくいのですね。

神奈川県のある中学校では個別面談で塾のテストを持ってくるように言われるのだそうです。そうでないと学校の教師は生徒の学力を把握できないのですね。

ですので偏差値50を超えるために塾などに入るのも1つの手段ではあります。

もっとも、進学塾などでは進学実績を出すために成績優秀者に力を入れるところが多いため、なんとか平均を超えたい!という生徒には向かない面もあるかも知れません。

そうなると個別指導塾という考えが浮かぶと思いますが、個人的にはあまり個別指導塾はおすすめしません。

関連:個人的に個別指導塾があまりおすすめできない理由を本音で語る

どちらかと言えば通信教育の方がおすすめです。

関連:勉強が嫌いな子・苦手な子におすすめの通信教育ランキングをプロがまとめる

単語と熟語を覚えまくれば偏差値50は超えるが・・・

純粋に偏差値50を超えたい、点数を取りたい!という場合には単語や熟語を覚えまくれば点数は取れますし偏差値50のラインは簡単に超えられます。

ただ、その場合は文法などの理解がないのでかなり伸び悩むことになります。

かく言う私がそうでした。

千葉県の公立高校の入試問題の英語などは非常に簡単にできており、とにかく英単語と英熟語を覚えまくれば点数がとれるようになっており(実際の入試の点数は92点でした)、点数をとるだけなら難しくないのですが、文法事項などをおろそかにしたツケが回ってしまい、高校の英語には全くついていけず、高校2年生の最後に受けたテスト(駿台模試)では偏差値が40ほどしかなかったという苦い思い出があります。

塾でも通信教育でも家庭教師でもよいので中学生の時に英語の基礎をしっかり学んでおくことが肝要ですね。

関連:決定版!プロがおすすめする総合家庭教師ランキング2018

僭越ながら中学校で習う文法分野について解説した記事がございますのでそちらもご参照いただければ幸いです。

参照:中学生で習う英文法分野一覧

以下におすすめの参考書などを記載しておきました。

関連:【英単語・英熟語】中学生・高校受験生におすすめの英語参考書ランキング【文法・長文】

大学受験で偏差値50を超える

大学受験偏差値で50を超えるのはなかなか大変です。

大体の目安ですが、高校受験の偏差値60が大学受験の偏差値50ぐらいという話があります。

さて、大学受験において偏差値50を超えるためには読解力以前に単語力と文法力を鍛える必要があります。

理想的には読解力・文法力・単語力をバランスよく伸ばすことが好ましいと言えますが、単語が分からなければ文章は訳せませんし、文法が分からなければ正確な訳は導けません。

慶應義塾大学の文学部などは辞書持ち込み可能の状態で文章を訳させる問題を出します。

単語が分かっただけでは文章を訳せないのですね。

文章を訳すためには文章の構造、所謂「構文」を理解する必要があり、そのためには文法事項はしっかりマスターする必要があります。

とは言え単語を覚えなければ文章は当然訳せないため、まずは単語力の強化をおすすめします。

関連:大学受験におすすめな英単語帳をプロの家庭教師が紹介します!

同時並行的に文法について勉強するのが良いでしょう。

参照:高校生で習う英文法一覧

関連:高校生・大学受験生におすすめの英文法問題集・参考書ランキング

文法については独学でも十分可能ですが、予備校や通信教育を利用するのも良いでしょう。

特にスタディサプリは月額980円(税抜)というコストパフォーマンスでありながらスタンダード・ハイレベル・トップレベルの文法編・読解編を受講することができるためおすすめです。

スタディサプリについては以下の記事をご参照いただければと思います。

関連:スタディサプリの評判と口コミのまとめとプロ家庭教師の評価2018!

単語力と文法力がある程度ついたらひたすら読解問題を解くのが良いため、スタディサプリはその面でもおすすめできますね。

偏差値50を突破するには単語力と文法力をつけ、構文をしっかり理解できるところまでいけるかどうかです。

この点まで行きつければ、あとは多読によって偏差値60を超えることも可能になってきます。