偏差値60というのは1つの大きなラインだと言えます。

偏差値というのはいわば相対値であるため高校受験の偏差値と大学受験の偏差値では同じ数値でもその意味は大きく異なります。

試験にもよりますが、高校受験の偏差値60は大学受験の偏差値50ぐらいであるという感覚ですね。

それはさておき、今回は偏差値60の壁をいかにして超えていくかという点について記事にしたいと思います。

高校受験において偏差値60を超える!

偏差値60を超えたい!という受験生は多いものと思われます。

先述したとおり、一口に偏差値60と言っても受ける模試によってその意味は大きく異なります。

例えばV模擬で偏差値60ほどの場合駿台模試であれば偏差値40ぐらいでしょうし、千葉進研などでやっている模試なら70を超えることでしょう。

偏差値とはその母体に対してどの位置にあるかを示す数値で、例えば県立千葉高校や渋谷幕張高校で真ん中の成績なら偏差値は50と出るわけです。

実際には両校で偏差値50なら一般的な高校受験偏差値においては70を超えていますね。

前置きが長くなりましたが、今回は高校受験生全体で上位役12%ほどに入ることを偏差値60を超えるという風に解釈したいと思います。

単語をしっかり覚えて基礎的な文法項目を理解すれば高校受験において偏差値60は超える

逆に言えば高校受験において偏差値60に到達しないということは単語力か文法の理解かどちらかに不足があるということでもあります。

特に中学生は大学受験生のように単語をしっかりと覚えるという習慣はないため単語力が不足するケースが多々見られます。

まずは単語や熟語をしっかり覚えるところから始めるのが良いでしょう。

単語帳は以下のページの中から選ぶのが良いでしょう。

外部リンク:アマゾン

問題となるのが文法力およびそれに付随する読解力ですね。

基本的に高校入試の英語は読解文の得点配分が大きいのですが、よく見ると文法問題であることが多いのです。

そのため読解力不足以上に文法力不足が失点の原因であることが多いですね。

中学校で習う英文法項目については以下の記事をご参照いただければと思います。

参照:中学生で習う英文法分野一覧

こちらで英文法について確認した後は、東進出版から出ているレベル別問題集を解くことをおすすめします。

長文・文法ともにレベル2までやれば十分ですね。

外部リンク:アマゾン販売ページ

あるいはスタディサプリをやるのも良い選択肢ですね。

リクルートが提供する通信教育サービスで、月額980円(税抜)という驚異のコストパフォーマンスで利用できます。

スタディサプリについては以下の記事をご参照いただければと思います。

関連:スタディサプリの評判と口コミのまとめとプロ家庭教師の評価2018!

しっかり文法事項を理解し、単語力もつけつつあとはひたすら問題を解くということを実践していきましょう。

気づいたら偏差値60のラインは超えていることでしょう。

 

大学受験で偏差値60を超えるのはかなり難しい

こちらも高校受験同様受けるテストや母体によって偏差値60の意味は大きく異なります。

大学受験において最もハイレベルな模試は駿台の東大模試ですが、そこでの60と進研模試の60では実質的な数値で30以上もの偏差値の開きがあると思ってよいでしょう。

大学受験においては高校受験と異なり中学受験組なども参入する上に全員が受験競争に参加するわけではないため、数字は高校受験の比ではないレベルで出にくいと言えます。

今回は受験生全体の上位12%ほどという意味での偏差値60を超えるにはどうすればいいか、という観点でお話を進めさせていただければと思います。

大学で言うとMARCHや関関同立と呼ばれる大学群に合格できるかどうかという水準に達するにはどうすればよいかと言った感じになります。

読解力=(文法力+単語力)×演習量

私なりの公式のようなものです。

英語の試験は大きく分けて文法問題と読解問題に分かれます。

もちろんリスニングの問題やアクセントなどの問題もあるのですが、大きく分ければこの2つに分かれるという感じであらかじめご了承ください。

さて、実は読解問題のように見えて実は文法問題ということもありますが、それ以前に我々日本人が文章を正しく訳すにはやはり文法の知識が必要になります。

帰国子女などの特殊な環境にでもない限り、文章は頭の中で日本語に変換しなければ理解できないのが普通でしょう。

「英語は英語のまま理解する」というのは理想論ですが、それができるのは偏差値75を超えるような人間に限ります。

英語の読解量がずば抜けて多い人間はそれが可能ですが、通常その域に20未満で達するのは非常に難しい話です。

大学受験において偏差値60の壁は非常に厚く、わけのわからないことをいう講師の言うことを聞きたくなる気持ちは私にもよくわかりますが、結局はひたすら単語を覚え、文法の基礎にのっとり構文をとって訳していくのが一番早道なのです。

私もどちらかと言えば英語が苦手な方でしたので、〇〇リーディングみたいなインチキ臭い方法には大体騙されています笑

さて、英語で点数を取るには単語力と文法力は欠かせません。

単語力については結局自分で身につけなければならない分野ですね。

単語帳などを使いしっかりと単語の知識を身に着けたいところです。

関連:大学受験におすすめな英単語帳をプロの家庭教師が紹介します!

もちろん単語を覚えただけでは得点をとるこはできません。

今は良い参考書も増えてきて独学も十分に可能となっています。

関連:高校生・大学受験生におすすめの英文法問題集・参考書ランキング

ただ、それでも予備校に通ったり通信教育で対策するのがいまだに主流だといえるでしょう。

関連:駿台・河合・代ゼミ・東進とスタディサプリを徹底比較!大学受験対策ではいったいどれを選ぶべき?

個人的にはコストパフォーマンスに優れているスタディサプリでの学習が良いかなと思っていますね。

予備校に通うと少なくとも50万円以上の教育費がかかるのですが、スタディサプリなら月額980円(税抜)で済みます。

内容も引けを取らない水準なので、スタディサプリだけでも十分に合格水準まで引き上げられることでしょう。

英文法と読解講座に分かれており、スタンダード・ハイレベル・トップレベルと分類されている上に各大学の対策講座も存在しています。

やらない理由を見つける方が難しいサービスだとさえ言えますね。

関連:スタディサプリの評判と口コミのまとめとプロ家庭教師の評価2018!

文法と読解の問題もバランスよく演習することができるため、しっかりと実践すればいつのまにか偏差値60の壁を超えている自分に気づくことでしょう。

偏差値60の壁はとても厚いのですが、やることをしっかりとやっていれば超えられる壁でもあります。