長らく通信業界の王座に君臨し、知らない人はいないであろう進研ゼミ小学講座の評判や口コミを、プロの家庭教師でもある管理人がまとめました!

進研ゼミ小学講座の評判・口コミ

*口コミや評判はクラウドサービスを利用して集めたものです。

進研ゼミにはとても感謝しています

小学生の頃進研ゼミ小学講座を3年間受講していました。

当時小学生だった私の成績は良い方でしたが、学校の授業スピードにに満足できず自分でもっと勉強したいと思い両親に相談し、進研ゼミを受講する事に賛同してもらいました。

また、毎月のテストを送付するともらえるシールを貯めて色々なものに交換できる事も魅力的でした。

科目別に毎月教材が届きますが、学校の授業が終わってから復習と予習を含めて自分のペースで勉強できるのでとてもよかったです。

基本的に学校の授業よりも先に進んだ勉強が出来て、学校の授業は復習になる事が多かったです。

予習をしてから授業を受けると理解力が深まり、記憶にも残るため学校のテストではほとんど満点で成績も常にトップクラスを維持する事ができました。

赤ペン先生の返事もユニークなものが多く、楽しんで勉強できました。3年間でシールを貯め続け、目標だった顕微鏡を手に入れたときはとてもうれしかったのを覚えています。

小学生の時に進研ゼミで基礎を築いた事もあり、その後の学業も順調で有名大学にも進学する事ができました。進研ゼミにはとても感謝しています。

毎日朝5時に起きて進研ゼミをしていた覚えがあります

小学校2~6年生まで、ずっと進研ゼミを受講していました。

良かった点は、学校の復習に役立ったのと、赤ペン先生から直筆のメッセージやアドバイスを貰えた事です。

私は算数が小学校からどうしても苦手だったのですが、学校から帰ってから、進研ゼミをする事で、授業の復習になり、分からない場所をクリア出来た事です。
はしかなどで長期間学校をお休みしても、自分で勉強出来るので、何とか授業に付いていけたんだと思います。

あと、家で自分で出来るので、塾の様に、決まった時間に画一的な内容をしなくて良かった点も、苦手に時間を割いてじっくり出来るという点で、とても良かったと思います。

赤ペン先生は、自分だけのメッセージを書いてくれている気がして大好きでした。シールも集めたら、プレゼントが貰えるし。飽きやすい子供にとって、勉強の励みになりました。

悪かった点は、量がちょっと多すぎたかなと。学校にもよるんですが、私の小学校は強制の課外活動や宿題などがとっても多く、毎日朝5時に起きて進研ゼミをしていた覚えがあります。

 このまま続けていきたいと思っています

元々幼稚園の時からベネッセのこどもちゃれんじをやっていて、うちの子に合っているようだったため小学講座へも申し込みました。
早期申し込み特典などが充実している点も良かったです。
幼稚園児向けのこどもちゃれんじの時点で小学講座講座のお試し教材が届くのですが、これを子供がとても気に入っていました。
赤ペン先生からお返事がくるのが嬉しかったようで、毎日ポストを覗いて楽しみにしていました。
勉強は大切ですが楽しんでやることが大切だと思うので、その点で進研ゼミ小学講座はうちの子に向いていると感じています。
変に先取り教育をせずに、基本をしっかり勉強できるところも良いと思いました。
親としては、月謝が安いことも選んだ理由です。

うちの子は現在小学校一年生ですが、入学当初からずっと飽きずに課題に取り組んでいます。
教材が分かりやすいようで、宿題の予習復習としても活用しているようです。
そのおかげでほぼ自主学習状態で、親の出番はほとんどありません。少し寂しいくらいです。
小学校低学年向けの学習教室へ通ったこともあったのですが、そちらはあまり興味が湧かなかったのか身にならずにすぐに辞めてしまいました。
家が好きな子なので、通信教育が向いているのだと思います。
学校での成績も今のところ良いです。
特にテストは毎回ほぼ100点なので、確実に進研ゼミのおかげだと思っています。
それと宿題以外ではテレビとゲームばかりしているので。

基礎コースの他に応用コースも受講していて年に数回おさらいドリルが届くのですが、これがとても良いと感じています。
忘れかけていたりあやふやな部分を確認できるので、確実な理解に繋がっています。
赤ペン先生とのやり取りも楽しいようなので、このまま続けていきたいと思っています。

毎回教材が届くのを、親子共々楽しみにしていました

同じ学校に通っている、小学校のお友達が先に始めていて、おすすめされました。お友達が色々な付録を持っていたり、楽しそうに教材で勉強している姿を見て、娘自身がやりたいと希望しました。また、塾に通うよりも受講費が安いですし、どこかに通わせて送り迎えをしなきゃならないという、手間などもいらないので、親としても良いと思いました。

また、受講する前にお試し用の教材サンプルを頂き、娘にやらせてみましたが、文字だけでなく、絵や写真が多いので小学生にピッタリの内容だと思いました。毎回実際に使える豪華な付録が付いていることも知り、お得だなと思いましたし、魅力的に感じました。そこで進研ゼミを受講させてみようと決意しました。

受講費が安かったのが良かったです。毎月支払うことも出来ましたが、6ヶ月単位で一括払いができたり、12か月分を一括で支払うことも選べたので、良かったです。まとめて支払うほどお得でした。教材を送ってもらう料金や娘がプリントなどを提出する際の郵送代なども、一切かかりませんでした。

また、最初に受講する際に、タブレットを使った勉強方法か、紙の教材を使った勉強法かを選ぶことができました。娘は視力があまりよくないので、紙の教材を選びましたが、教材の中身も大満足できるものでした。大人の私から見ても、興味が湧く内容で、文字の大きさや色、写真や画像の詳しさなど、どれも申し分の無い内容になっていました。シールを貯めると、プレゼントがもらえるというお楽しみ企画も実施してくれていたので、娘はそれを目標にして頑張っていました。子どもの心を掴む教材やシステムなど、進研ゼミはとても良い通信教育方法だと思います。毎回教材が届くのを、親子共々楽しみにしていました。

これからも、毎月期待しています

1歳の頃からこどもちゃれんじをやっていたので、その引き続きで入会しました。教材が毎月豊富に届き、何を選んで買い与えたら良いのかわからない1、2、3歳児のころに、知育遊びを取り入れた教材がとどき、大変助かりました。その経験を踏まえて、大手のベネッセさまですし、今後の小学校の勉強も、こちらで学んでいれば、あるていどはまちがいないのかなというおもいで、継続することとなりました。息子自身も、毎月楽しみにしていますし、子供心をつかんでいる内容や、やる気を出させてくれる教材なのでとても良かったと思っています。数多く、塾や幼児教育の場はありますが、まずは自宅で、親子でしっかり向き合える通信制の講座を受けてみようと考えて始めました。やはり、小学生になってからも楽しお勉強ができる工夫がたくさんあり、親子共々、続けてよかったというのが、今の時点での感想です。進研ゼミのほかに、プラスアルファの教材も毎月頼んでいるので、学校の宿題や自主学習などと合わせると、けっこうなべんきょうりょうになります。そのほか、毎月の赤ペン先生へのテストの提出などもあり、親も子も、計画的にやらなければいけないことも以前より増えました。私の場合は、専業主婦なので、今の所時間をとって、一緒に進めてみてあげることができますが、この先は内容も大変になりますし、時間的な制約のある中で、タブレットを使った進研ゼミのコースに移行することも考えています。いずれにしても、まだ、低学年のうちは、親子で自宅学習が基本だと考えておりますので、本人の意欲や考え方をそばで見守って行きたいと思います。そのためには、進研ゼミ小学講座は、我が家には必須の教材です。これからも、毎月期待しています。

 そうなんや!て勉強できるようなのがあったりして親子で楽しく学ばせてもらってると思います

0歳の時からこどもちゃれんじをとっていて(何きっかけで取り始めたのかは忘れましたが・・)その時の年齢にあったおもちゃが毎月届いて、子供も喜んで遊んでたので、その流れで取っています。遊びながら学ぶって感じで、子供が興味持つような感じにうまく作られてるなと思います。細かいおもちゃとかにはちゃんとそれをしまう袋とか箱とかがついてるしそういうのも助かります。DVDもついてるときがあって、それで歌ったり踊ったり、英語の練習したりして、日ごろの生活や保育園だけではないいろんなことも楽しめてると思います。お母さんが読むような読み物もあって、離乳食作りのこととか子育てに関する悩みとかもあったりして非常に助かりました。

小さいころから取ってたので、家でちゃれんじをやるっていうのが身についてるように思います。小学校行くまでは遊び的なのが多かったのですが、小学校行くとやはりしっかりした勉強のドリルがあったりして、前とは食いつきが落ちてますが・・。学校の教科書に合わせたドリルなので、わかりやすいので進みやすいとは思います。毎月赤ペン先生に出すプリントがあるので、頑張って出しているようです。返ってくるとすごい綺麗な字で採点してあり、子供のやる気をもっと引き出してくれるような言葉や絵が書いてあったりして、とてもうれしく感じます。あと、それに応じたポイントがついて、いろんなおもちゃや雑貨と交換できたりするのも楽しみなようです。他にもゲーム感覚で漢字や計算ができる付録がついてたり、植物を育てるキットがついてたり、うまく工夫されてるなと思います。子供が思う素朴な疑問とかの答えが載ってる本もあったり、親が読んでも、そうなんや!て勉強できるようなのがあったりして親子で楽しく学ばせてもらってると思います。

7歳・男・親子

 

進研ゼミ小学講座の特徴~選べる3つのスタイル~

言わずと知れた通信教育会の横綱進研ゼミですが、実は3つのスタイルから学習方法を選択できることはそれほど知られていない内容ではないかと思います。

それぞれの詳しい内容はこちらの記事に任せますが、簡単にそれぞれの特徴とおすすめの生徒をまとめると以下のようになります。

オリジナルスタイル:強制力が働かないため自主的にできる子向け。総じて女の子向き。サボリ癖のある子やすべきことをためてしまう生徒には不向き

チャレンジタッチ:ある程度保護者による強制力が働く点とタブレットによる学習のため勉強嫌いの子やゲーム好きな子には向いている。総じて男の子向き。ただし添削回数が少ない。

ハイブリッドスタイル:両者の良い点を組み合わせられるため万人に対応できる。受講料金は少し高いがおすすめ度も最も高い

少々割高にはなりますが、赤ペン先生による添削の回数が確保でき、ある程度勉強が苦手な生徒でもとっつきやすいハイブリッド型がやはり一番のおすすめとなります。

 

進研ゼミに向いている子と向いていない子

進研ゼミは私の知る限り最も幅広い層の小学生におすすめできる通信教育プログラムですが、それでもやはりおすすめできる生徒とそうでない生徒に分かれます。

こんな子に向いている

・ある程度学習習慣が身についている生徒

・日々の学習習慣を身に着けたい生徒(保護者)

ほとんどの生徒がこの範疇に収まると思います。

特に学習習慣を身に着けるにはとても良い教材となっており、塾などには一切行かずに進研ゼミだけで学年1位になっているという生徒もいます。

しっかりやればある程度の学力が身につくのが進研ゼミの最大の特徴であり長所だと言えるでしょう。

こんな子には向いていない

・中学受験をする生徒

・LDなどの発達障害を抱える生徒

・あまりにも勉強嫌いすぎる生徒

進研ゼミはあくまで小学校における教育の補完としての意味合いが強いため、中学受験をする生徒にはあまりおすすめできないかなと思います。

むしろ中学受験向けの進学塾などに通っている場合その課題などで精一杯になるためむしろ余計な通信教育は消化不良の元なので辞めた方がいいとさえ思います。

中学受験はやはり特殊で、つるかめ算や流氷算などの和算を始め通常学校では習わないような考え方などを文部省の指導要領内で出題するためそれ専用の対策が必要となってきます。素直に中学受験塾に行くのが良いでしょう。

また、LDなどの各種発達障害を抱える子に進研ゼミだけ与えるのは酷な話であると思われます。

ただ、この点は進研ゼミは不向きと言うより、進研ゼミを契約して与えるだけでは成果は出にくいだけでなく、かえって勉強嫌いになる可能性があるため、保護者の方が一緒になってやるということが重要になってきます。

これは極度に勉強嫌いな子にも言えることです。

進研ゼミ小学生講座を契約する前に知っておいて欲しいこと~進研ゼミはなぜ続かないのか~

私はプロの家庭教師として活動しており、多くのご家庭にお邪魔をしました。

その際によく見るのがほぼ手付かずの進研ゼミです。

「進研ゼミを契約したはいいんですけどねぇ、続かないみたいです」

こんなセリフをよく聞きます。

進研ゼミに限った話ではないのですが、通信教育に関しては続けるかどうか、あるいは続けられるかどうかが最大の問題点であり、成功不成功を分ける分水嶺となっています。

ではどうして進研ゼミがなかなか長続きしないかというと、生徒自身の問題解決能力が成熟しきっていないからだと言えます

現在企業、特に大手企業が好むのがこの「問題解決能力」だと言え、困難に対してどう立ち向かいどう解決していくのかという点が現在の就職活動の際には重要視されます。

小学生の段階ではまだ早すぎる気もしますが、この能力がないと現在ではなかなか採用には結び付きません。

そして、この能力は放っておいて勝手に伸びる能力ではないのです。

子供に限った話ではないのですが、人間の行動として困難に直面した際2つの「とうそう」のどちらかを選択すると言われています。

「闘争」と「逃走」です。

前者はどこかで躓いた場合にその課題に対して立ち向かっていきますが、後者は辞めてしまいます。

進研ゼミが続かないという生徒は後者の「逃走」を選んでいる状態の生徒だと言えます。

なので、そういう場合私の仕事は「逃走」の状態から「闘争」の状態に生徒を奮起させることになり、そこまで行けば後は勝手に学力が上昇する状態になります

ですので、先ほども述べたように極端に勉強が嫌いな生徒は進研ゼミに向いていないということになります。

では、一歩踏み込んでどうして「逃走」を選ぶ状態になってしまったのでしょう?

それは失敗体験を重ねてしまい成功体験を積み重ねることが出来なかったからです。

なので、そういう状態になってしまっている生徒にはまず成功体験を積み重ねるような指導が重要になるのです。

何か難しいことを言っているようですが、それほど難しいことではなく子供が躓いた時にそっとヒントを出せるような状態になれればよいのです。

場合によっては保護者の方が一緒に進研ゼミをやるのもよいでしょう。

まだ子供が言葉を覚えたての時に絵本を読んであげた時のように。そのころ子供は絵本が大好きだったと思います。

如何に勉強に対する「逃走」を無くすか。そのことは大げさではなくその子の将来に大きな影響を与えることでしょう。

 

スタディサプリとの比較

リクルートが運営するスタディサプリというサービスがあります。

出てきた当時は教育業界の黒船とも言われ、今では定番になってきていますが、進研ゼミとどちらにしようか迷っていらっしゃる方もおられることでしょう。

ここでは簡易的にではありますが両サービスを比較したいと思います。

両サービスの違いは多々ありますが、

① 月額サービス料

② 添削サービスの有無

③ 対象となる学年

の3点が大きく異なります。

進研ゼミ小学講座 スタディサプリ小学講座
月額  2705円~6288円(税込み)  980円(税別)
添削の有無 赤ペン先生 年3回~9回  一切なし
対象となる学年  小学1年生~6年生  小学4年生~6年生

スタディサプリは4年生以降の高学年が対象となる一方進研ゼミは全学年に対応しています。また、月額はスタディサプリの方が安い分添削機能はありません。

他にも細かい点をあげると進研ゼミは学校のカリキュラムや教科書に合わせた教材が届きますが、スタディサプリはある程度単元などを自分たちで設定しなければなりません。

教材なども印刷(あるいは印刷済み教材を購入)する必要があるなどスタディサプリは費用が抑えられる分やることが多いと言った感じでしょうか。

内容はどちらも素晴らしいためどちらかを選択したせいで学力が上がらなかったということはないでしょう。

また、スタディサプリには進研ゼミにあるような特殊教材などもありません。

スタディサプリがリクルートらしい徹底的なコスト削減と学力アップを重きを置いているのに対し進研ゼミは伝統的な学びを重視したつくりになっていると言えるでしょう。

関連:進研ゼミ(こどもちゃれんじ)とスタディサプリをプロの家庭教師が徹底比較!

Z会との比較

通信業界の2大巨頭として長らく君臨しているのが進研ゼミとZ会だと言えます。

そして、この2つのサービスは長年それぞれの棲み分けがしっかりとなされており、具体的に言えばZ会はかなり難易度が高いです。

東大入学者の30%がZ会の会員だという話もあるほど、Z会そのものの難易度は高く子供が独力で行うのは難しいと思われます。

Z会を申し込む場合はより一層保護者の方の協力が必要となることでしょう。

そのためZ会1年生などでは保護者の方のためのサポートブックを配布しており、どういう風に子供に対して教育を行っていけばよいのかをしっかりサポートする体制が敷かれています。

受講会費もZ会の方が高めで、小学1年生講座を比較すると以下のようになります。

Z会 進研ゼミ
12か月一括払い 49,704円 32,460円
6か月一括払い 26,364円 18,084円
毎月払い 4,520円 3,343円

サポート体制に自信がある場合はZ会、そうでない場合は進研ゼミにするのがよいかも知れません。

外部リンク:Z会公式ホームページ

関連:進研ゼミとZ会をプロの家庭教師が徹底比較します!!

各学年別講座の口コミ

各学年別の進研ゼミの口コミや詳しい解説などは以下のリンク先をお読みいただければと思います。

 

結論的に進研ゼミ小学生講座はおすすめなの?

ほとんどの小学生にとって進研ゼミはおすすめです。

一昔前は飽きっぽい生徒がため込んでしまうパターンが多かったのですが、現在はタブレットを使ったスタイルなどを選択することができ、ゲームが好きな子なども抵抗なく学べるようになっているため、更におすすめできる範囲が広がったと言えます。

ただ、先述したように勉強嫌いの子にはある程度保護者の方のサポートが必要になるかと思われます。その点さえしっかりと行えば進研ゼミは値段以上の効果をもたらしてくれることでしょう。

当然のことと言えますが、中学校に入ってからの学力は小学生の時に如何に基礎的な学力を身につけられたかにかかっています。

よくあるパターンとして受験が近づく中学校3年生になってから慌てて勉強しだすものの小学生の勉強さえ満足にできずに受験対策どころではないということにならないためにも、始めるなら早ければ早い方が良いでしょう。

そうは言っても中学校3年生からの依頼が一番多いのですがね( ̄Д ̄;;

10年以上も教育業界に身を置いて思うのは、早めに対策できる子は幸せだなということです。