首都圏における中学生向け(高校受験向け)集団塾について徹底的に比較してみたいと思います。

今回対象となるのはSAPIX中学部・栄光ゼミナール・市進学院・早稲田アカデミー・臨海セミナー・ena塾の6つの集団塾となります。

合格実績を比較

私が千葉県を中心に活動しているということもあり、千葉県の高校が中心となってしまうのはあらかじめご了承下さい(><)

  SAPIX中学部 栄光ゼミナール 市進学院  早稲アカ  臨海セミナー  ena塾
筑波大付属駒場高校 17  1  0  24  不明  3
筑波大付属高校 9  4  13  76  不明  3
開成高校 28  3  6  95  6  4
慶應女子高校 40  8  9  83  6  6
日比谷高校  21  13  11  74  34  26
県立浦和高校  2  15 不明  32  11  不明
湘南高校  0  不明  4  5  54  不明
県立千葉高校  1  1  61  9  不明  不明
渋谷幕張高校  28  5  21  107  不明  不明
市川高校  39  14  97  185  不明  不明
専修大松戸高校  29  106  241  145  不明  不明
日大習志野高校  4  75  308  135  不明  不明
八千代松陰高校  不明  不明  424  51  不明  不明

大学受験予備校と異なり、中学生向け(高校受験向け)集団塾はその地域性が色濃く出ますね。

そんな中どの塾にも共通しているのが都立日比谷高校になります。

どの塾も合格者を2桁出しており、いずれも十分な合格実績を出していると言えますね。

千葉県なら市進学院、神奈川なら臨海セミナーと今回比較対象にはあげませんでしたが湘南ゼミナールなどの地域密着型集団塾が強くなります。

そんな中どの地域でも水準以上の合格実績を出しているのが早稲田アカデミーだと言えますね。

合格者数でみた場合において、首都圏No.1集団塾は早稲田アカデミーと言って良いでしょう。

ここには記載しませんでしたが、早稲田慶應やマーチと呼ばれる難関大学の付属校の合格者数も圧倒的となっています。

また、具体的な生徒数は不明ですが難関高校の合格率においてはSAPIX中学部が抜けていると思われます。中学受験以上に難関高校専門塾だと思った方が良いでしょう。

SAPIXにしても早稲田アカデミーにしても難関校に比べて中堅高の合格者が少ない傾向にあります。

千葉県で言えば八千代松陰などは少ないですね。

偏差値で言えば70以上ではSAPIXや早稲田アカデミーが良いと言えますが、60代や50代では市進などの地域密着塾や栄光ゼミナールなどの塾に通うのが良いでしょう。

各塾にかかる費用を比較

保護者の方から見て気になるのが費用の問題だと思います。

各塾にかかる月額費用を比較してみましょう。

*中学校3年生時の料金を税込み価格にて記載しています。

 塾名  3教科  5教科
 SAPIX中学部  61128円  61128円
 栄光ゼミナール  34560円  37800円
 市進学院(後期)  33600(44100)円  33600(44100)円
早稲田アカデミー(特訓コース)  24800(34900)円  33800(43900)円
臨海セミナー(直前講座講座)  21913(36007)円  26546(46807)円
ena塾 なし  30140円
 参考:スタディサプリ  1058円  1058円

SAPIXが1つ抜けて高いと言えますね。

塾においては高かろう良かろうという訳でも安かろう悪かろうでもないのでこの辺りは難しい所です。

SAPIXは高いだけの合格実績を誇っていますし、それを高いと思うかは各個人の認識によると思います。

コストパフォーマンスで考えた場合通信教育の方が優れていると言う結論が出ますが、ある意味では通信教育と集団塾は別物と言えます。

*リクルートが提供するスタディサプリについて言えば月額980円(税抜き)で5教科の授業が受け放題という価格破壊ぶりです。

関連:スタディサプリの評判と口コミをプロがまとめる

高校受験向け集団塾としては直前期には40000円前後、平常時には35000円前後が相場と言ったところでしょうか。

最終的にどこの塾に通うかは、実際に塾の校舎に行き、体験授業や相談をしてから決めるのが良いでしょう。

各塾によってはもちろん各教室によっても雰囲気は違うため、自分(お子様)にあった塾を選ぶことはとても大切なことだと言えますね。