私自身も中学生の時に通っていた市進学院を、実際に利用した方の評判や口コミを見てみましょう。

市進学院の評判と口コミ

丁寧にいろいろとお世話になりました

中学3年生の夏期講習から始めました。

当時の私は初の塾通いで、しかも地方から東京に引っ越したばかりで受験事情も把握できていませんでした。

そのことを話すと、進路指導も含めて非常に丁寧にいろいろとお世話になりました。

授業は3時間ほどのコースであまり集中力が続かないということはありませんでした。先生は個性的だったので相性はあると思います。私がとても面白いと気に入っていた先生が他の子に聞くとわかりにくい等と言われていました。

自習室も自由に使えますし、私が通った教室も含めて駅から近いところばかりなので通いやすいと思います。

卒業生として利用

第一希望の高校に合格することができました

中学校の成績が落ちたことをきっかけに、受験に向けて通い始めました。

中三の二学期からでしたが、生徒をよく指名する授業だったため気が抜けず、集中して聞くことができたと思います。

何科目か受けましたがどの先生の授業もわかりやすく、よく理解できたと記憶しています。おかげで、下がってしまっていた成績が戻るどころかかなり上がり、希望校のランクも上げることができました。受験の頃には、試験問題もラクに解けるほどになり、第一希望の高校に合格することができました。

塾自体はこじんまりとしていましたが、駅から近く、通いやすい場所にあったため、苦ではありませんでした。先生が熱心だったのもあり、教室にもいつも程よい緊張感がありました。

卒業生として利用 神奈川県立川和高等学校に合格

 メキメキと実力をつけていました

面倒見のよい塾で、娘は喜んで通っていました。質問は納得するまで対応してくださるので、帰りが遅くなることもしばしばありました。試験の日の朝は、受験校の前でお世話になった先生が応援してくれたと聞いています。
授業を終えて帰ってくるたびに、同じクラスの友達や先生の話をするので、とても楽しかったのだと思います。同じレベルの高校を目指す仲間が付近の中学校から集まっており、学校を超えた仲間(ライバル?)で切磋琢磨するのに良い環境だったようです。最終的に同じ高校に進んだ友達も多く、卒業後も仲良くしているようです。
受験直前期には塾のテキストと、塾で購入した「TEL帳」と呼んでいた高校入試の過去問集をひたすら解いており、メキメキと実力をつけていました。

非常に安心ができます

塾業界を転々としている身でしたが市進学院に講師として3年間勤めておりました。

それ以前も他の塾に勤めていましたが市進学院が他の塾と大きく異なる点は講師の質だと感じました。多くの塾では講師はアルバイトが多く、簡単な面接を経て採用した後に対した研修もないまま授業に入ることになります。

そのため生徒にとっては教えることに慣れていない講師があてがわれることになります。一方で市進学院は研修の際に1ヶ月以上は研修に割かれ、授業力をつけた上で現場に臨むことになるため講師の質は非常に高いです。

また、講師は大学生のアルバイトの割合は低いため年度途中で講師が変わることなどは少ないです。そのため年間を通して生徒を理解している講師があてがわれるため非常に安心ができます。

従業員として利用

市進学院ってどんな塾?

・千葉県発祥で現在は一都三県を中心に展開している

・中学受験と高校受験に対応している

市進学院の合格実績

以下は2018年度中学入試および高校入試の合格実績となります。

中学入試合格実績

中学名 合格者数
開成中学 15名
早稲田中学 11名
県立千葉中学 27名
渋谷幕張中学 48名
市川中学 125名
県立東葛飾中学 54名
昭和秀英中学 91名
専修大松戸中学 89名

 

高校入試合格実績

高校名 合格者数
筑波大付属高校 13名
開成高校 6名
日比谷高校 11名
県立千葉高校 61名
渋谷幕張 21名
県立東葛飾高校 97名
県立船橋高校 98名
市川 97名
昭和秀英 167名
千葉東高校 66名
薬園台高校 77名
佐倉高校 67名
芝浦工大柏 138名
日大習志野 308名
専修大松戸 241名
国府台女子 41名

 

市進学院にはどれくらいのお金がかかる?

コース名 月額料金(税込み)
中3前期(週3回) 33600円
中3後期(週4回) 44100円
難関国私立高校受験コース 48720円

上記の他に選択講座が存在しています。

コース名 月額料金(税込み)
中3プレップ(数英理社1講座) 7560
学校別対策講座 18000円
開成高校入試対策 63000円

別途入会金15750円がかかります。

OBから見た市進学院

私も中学生の頃に市進学院に通っていました。

当時は受験の知識は皆無で、右も左も分からなかったのですが、必要な知識は市進で教わりましたね。

市進学院のシステムはいい意味でも悪い意味でも完成されていて、私が通っていた頃から現在までほとんど変わっていないようです。

それゆえに最近では神奈川勢である臨海セミナーや湘南ゼミナールと言った塾に押されている面は否めないですね。かつて千葉県立の難関校はほとんどが市進出身者で占められていたのですが、現在では3人に1人ぐらいまで割合が減っているようです。

所謂中堅から難関までを対象としており、5教科で350点から400点あたりで伸び悩んでいる生徒には非常に良い塾だと思います。

市進学院の長所や短所は?どんな生徒におすすめ?

市進学院の長所はその完成されたシステムとバランスの良さにあると言えるでしょう。

特にどこかに偏ることもなく万遍無く成績を伸ばせるシステムだと言えます。

逆にバランスと安定感ゆえに硬直化していると言えるかも知れません。

近年合格実績が減ってしまっているのは確かで、その完成されたシステムゆえになかなか変化できない点がもしかしたら原因かも知れませんね。

それでも千葉県における入試実績は確かなものがあり、特に公立志望者の場合は市進学院に通うのが良いでしょう。