進研ゼミやZ会に比べると新しいタイプの通信教育と言えるスタディサプリとすららネットを比較してみましょう。

両サービスについて詳しくは以下の記事をご参照下さい。

関連:スタディサプリの評判と口コミをプロがまとめる

関連:すららネットの評判と口コミをプロがまとめる

スタディサプリとすららネットの違い

スタディサプリもすららネットも無学年型の通信教育サービスであるという点は共通していますが、以下の点において違いがあります。

媒体の微妙な違い

コンテンツの違い

選択できる教科の違い

サポートの違い

価格の違い

媒体の微妙な違い

スタディサプリはパソコンやスマートフォン、タブレットで受講することができますが、すららネットは専用のタブレットでのみ学習が可能です。

コンテンツの違い

根本的な部分の違いと言え、スタディサプリは講師の授業を聴くことによる片面的な学習であるのに対しすららネットはドリル形式を採用しつつ双方向の学習を可能としています。

選択できる教科の違い

スタディサプリは小中学生なら5科、高校生および大学受験生なら地学と倫理を除いた教科を選択できる一方すららネットは国数英の3教科のみ選択可能です。

サポートの違い

すららネットにはすららサポーターと呼ばれる専門的なサポートシステムがありますが、スタディサプリには一切のサポートシステムがありません。

価格の違い

スタディサプリは月額980円、すららネットは月額8000円(ともに税抜き)となっており、追加料金などはありません。

*すららネットには別途10000円(税抜き)の入会金がかかります。また小学生から高校生までの通しのコースは月額10000円(税抜き)となります。

スタディサプリとすららネットのどちらがおすすめか?

自主的に勉強が出来る生徒はスタディサプリ、そうでない生徒にはすららネットがおすすめです。

スタディサプリは圧倒的なコストパフォーマンスを誇るサービスですが、自主的に勉強ができない生徒には向いていません。

勉強が嫌い、苦手、机に向かうのも嫌だという生徒にはスタディサプリよりもすららネットの方がおすすめです。

それ以外にも不登校、学習障害や発達障害を抱える生徒にもすららネットの方がおすすめできますね。

大学受験で難関大に挑戦したい、自分で頑張って成績を上げたい!という生徒にはスタディサプリがおすすめです。

なお、どちらのサービスも中学受験には対応しておりませんのでご注意下さい。

関連:中学受験におすすめの通信教育ランキング

外部リンク:スタディサプリ小中学生申込ページ

外部リンク:スタディサプリ高校生大学受験生申込ページ

外部リンク:すららネット申込ページ