伝統と実績ある企業ベネッセが誇る進研ゼミと、新進気鋭の教育サービスすららネットの比較記事になります。

それぞれのサービスについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連:進研ゼミの評判と口コミをプロがまとめる

関連:すららネットの評判と口コミをプロがまとめる

進研ゼミとすららネットはどこが違う?

両サービスの違いは以下のようになります。

・対象学年の違い

・対象教科の違い

・媒体の違い

・サポート、添削サービスの違い

・カリキュラムの違い

・基本的なコンテンツの違い

・価格の違い

 

対象学年の違い

進研ゼミは幼児教育から大学受験までをカバーする幅の広い通信教育サービスですが、すららネットの範囲も広く小学生から高校生までを網羅しています。

対象教科の違い

進研ゼミは基本的に5教科+実技教科も網羅していますが、すららネットは国語・数学・英語の3教科にのみ対応しています。

媒体の違い

進研ゼミは伝統的な紙媒体かタブレットによる電子媒体かを選択することができますが、すららネットは専用のタブレットを利用した電子媒体のみの選択となります。

サポート、添削サービスの違い

すららネットにはすららサポーターと呼ばれるサポートサービスが、進研ゼミには言わずと知れた赤ペン先生という添削サービスがあります。

カリキュラムの違い

進研ゼミはあらかじめ決められたカリキュラムに沿った学習を行いますが、すららネットは無学年方式を採用しています。

スタディサプリなども無学年方式を採用していますが、すららネットは自分が苦手としている部分を重点的に勉強することで無理なく学力アップをはかれる点に特徴があります。

価格の違い

進研ゼミは対象学年や支払い方法、選択する教科によって大きく月額が変わるサービスで、2000~10000円ほどの月額費用が掛かります。

一方すららネットは8640(税込み)の月額となります。

ズバリ!進研ゼミとすららネットのどちらがおすすめ?

総合力で言えば進研ゼミの方が数段上だと言え、基本的には進研ゼミがおすすめです。

ただ、進研ゼミは優れた教材ではありますが、それを生徒が実践しなければ意味のない教材でもあります。

進研ゼミに勉強しない子を机に向かわせる効果はありません。

自主的に勉強に取り組める生徒向けのサービスだと言えるでしょう。

すららネットはどちらかと言えば勉強が苦手、好きでない生徒向けのサービスです。

特にLDやADHD、発達障害を抱えている生徒にはおすすめのサービスとなっています。

すららネットは通信教育で初めて双方向の学びを導入しており、その分の効果を期待しても良いサービスだと言って良いでしょう。

外部リンク:進研ゼミ公式ホームページ

外部リンク:すららネット公式ホームページ