真に学ぶ楽しさを

・アダプティブ学習と個別指導
・真の学力である4技能講座
・好きに学べる無学年方式


 

東大合格者の3人に1人が実践しているというZ会から新たなサービスであるZ会アステリア(Asteria)がリリースされました。

同サービスにはどのような特徴があり、評判や口コミはどうなっているのか?

今回は詳しく述べていきたいと思います。

Z会アステリア(Asteria)の評判と口コミ

英語に対する苦手意識がなくなった

英語の成績は悪い方ではなく、テストの点数はとれていました。でも、自由に使えていると言う感覚は全然なくて、所謂受験のための受験英語を学び続けることに疑問を感じていたんですね。

そんな時Z会Asteriaの存在を知って早速申し込んでみました。

同サービスは4つの技能をバランスよく鍛えていくわけですが、中でも話す力を伸ばせるのは凄く良かったです。初めて英語を学ぶことが楽しいと思えました。

活きた英語を学んでいる感覚があるので、英語に対する苦手意識がなくなったのは凄く大きなことです。

 

ただ点数を取ることから本当の意味で学ぶことが出来るようになった

正直数学はあまり好きではありませんでした。

嫌いと言うほどではないのですが、何のためにやっているんだろう?という意識がぬぐえなかったのと、ただやらなきゃいけないからやっているというやらされている意識があったためです。

ただ目の前の課題をこなすだけ。全然楽しくありませんでした。

Z会Asteriaは良いですね。学べば学ぶほど発見がありますし、数学そのもの以上に学びの楽しさを学ぶことが出来ます。

今やっていることが何なのかが明確になっていく点も良いです。ただ点数を取ることから本当の意味で学ぶことが出来るようになったのは自分の中ではすごく大きなことでした。

Z会アステリア(Asteria)ってどんなサービス?従来のZ会とは何が違うの?

Z会アステリア(Asteria)には以下のような特徴があります。

・アダプティブ学習と個別指導

・英語と数学が対象科目 英語は4技能がバランス良く身につけられる

・学習がタブレットで完結する

・対象年齢は中高生から社会人まで無学年生のサービスを提供

アダプティブ学習と個別指導

Z会アステリアの一番の売りは「アダプティブ学習(アダプティブラーニング)」にあると言って良いでしょう。

アダプティブラーニングというのはKnewton,Inc. のアダプティブ・エンジンを搭載した学習方法のことで、問題を解くごとに、解答の正誤、学習履歴、習熟度などのデータを総合して、受講者にフィットした問題や映像講義が提示されるシステムのことを指します。各人にあった問題のレベルや量を解くことができるため高い学習効果が期待できます。

まさに時代の進化がもたらした学習システムと言えますね。

なんだかよく分からないなという方が大半だと思いますが、簡単に言えば機械学習をしたプログラムがあなたの学力向上のために必要なことを取捨選別し、最適な学習プランを提供するシステムということになります。

さらには英語と数学の学習の節目には、「Brush Up」と呼ばれる「Z会のプロによる添削」が受けられます。

月々に決まった分量をこなしていくのではなく、学習の進捗に応じてどれだけでも提出でき、添削指導を受けられる点に従来のZ会との差別化がありますね。

アダプティブラーニングによる学習の最適化と、Z会が誇る添削サービスの両面でもって学力向上の最適化をはかるサービス、それがZ会アステリア(Asteria)だと言って良いでしょう。

このあたりはなかなか伝えづらいため、実際に体験に体験してみるのがはやいと思います。

Z会アステリアを無料で体験してみる

英語と数学が対象科目 英語は4技能がバランス良く身につけられる

Z会アステリアの対象科目は英語と数学になっています。

両方とも受験の中核となる科目ですね。

特に英語は読み・書き・聞き・話しという4技能を万遍無く鍛えられるような仕組みとなっています。

受験的な学力向上はもとより実用性のある技能の強化を考えていると言えますね。

数学も代数・幾何・解析・統計の4技能に分けられており、社会のプレイヤー、ひいては国を背負って立つ人物の育成に目が向けられていますね。

学習がタブレットで完結する

従来のZ会はタブレット学習と伝統的な紙媒体での学習を選択できましたが、アステリアではすべての学習がタブレットで完結することとなっています。

タブレット学習の利点はそのオンデマンド制とスピード感にあると言えますね。

つまり必要な学習を必要な時に行えることと、フィードバックの即時性です。

対象年齢は中高生から社会人まで無学年生のサービスを提供

くもん式とも共通する部分かも知れません。

現在のコンピューターの基礎部分を作り上げたと言われるノイマン博士は5歳にして微分積分をマスターしていたと言われていますが、先取り学習はいつの時代も有効です。

年齢と学力は必ずしも比例するものではありませんからね。

Z会アステリアは対象者の学年を選ばないため、学力に応じた学習をすることが出来、どこまでもレベルを高めることが出来ます。

Z会アステリア(Asteria)の総合評価は?どんな人におすすめ?

Z会と言えば東大合格者の3人に1人は会員であるほど東大入試に特化したイメージがありますが、実際にはその先を見据えた教育を行っているのが分かりますね。

Z会アステリアは受験のための通信教育というよりも、広く社会に、グローバルに活躍できる人材の育成に主眼が置かれていると言えます。

ですので将来は広く世界で活躍したい人、自己の成長を願う人には大変おすすめとなっています。

大学受験のその先を見据える学生や基礎能力を高めたい人全般は是非やった方が良いサービスだと思いますね。

現在の教育課程が作られてから数十年、時代は変わっていっています。

変化に対応できない個体に待ち構えているのは衰退だけです。

今なにを為すべきなのか?

それを考えれば自ずと答えは出るでしょう。

Z会アステリアを無料で体験してみる