通信業界の横綱と言っても過言ではないほどの知名度を誇る進研ゼミ

果たして早慶を目指すのに最適な通信サービスと言えるのでしょうか?

関連:通信教育界の王!進研ゼミの評判・口コミをプロの家庭教師がまとめる!!

残念ながら進研ゼミは早慶を目指すのに最適な通信教育サービスとは言えない

進研ゼミの大学受験合格実績を見てみましょう。

進研ゼミ(2017年度通信教育)

東大・京大 159人 旧帝国大学合計 714人
早慶上智 629人 MARCH+学習院 1928人
関関同立 1684人    

早慶に600人以上も合格しているので決して悪くはない数字です。

一方Z会の合格実績も見てみましょう。

Z会(2017年度通信教育)

東京大学 1100人 京都大学 924人
旧帝国大学合計 4020人 一橋大学 268人
東京工業大学 221人 神戸大学 277人
早稲田大学 2629人 慶應義塾大学 1798人
上智大学 685人 明治大学 1792人
関関同立合計 3668人 MARCH合計 4843人
医学部医学科 1690人 東京理科大学 357人

Z会の通信教育では早慶に4000人以上も合格しており、両サービスの合格者数は6~7倍の差となっています。

両サービスともに伝統的なサービスですが、この差は如何ともしがたいものとなっていますね。

一方の関関同立の合格者数は2~3倍となっており、進研ゼミは超難関大学には強くない通信サービスという結果になっています。

 

早慶を目指すのに最適な通信サービスはスタディサプリおよびZ会の併用

スタディサプリで受験対策!
・月額980円(税別)
・実力派講師の授業をいつでもどこでも受講可能
・過去問も解き放題!


 

個人的には早慶を目指すのに最適な通信教育サービスはスタディサプリだと思っています。

関連:早慶(早稲田大学・慶應義塾)を目指すのにおすすめの通信教育ランキング

スタディサプリは残念ながら合格実績を開示しておりませんが、早慶を始めとした超難関大学に多数の合格者を輩出しているのが口コミなどを見ると分かります。

関連:スタディサプリの評判と口コミのまとめとプロ家庭教師の評価!

スタディサプリは好きな講座を選んで受講することが出来、超入門編から早慶の対策講座まで幅広い選択肢が存在しています。

私自身も受講してみましたが、授業の内容も水準以上となっており、大手の予備校となんら遜色のない品質です。

ただし、質問に対して答えるサービスと添削機能はないためそれらはどこかで補う必要があります。

早稲田慶應の記述は難易度が高く、専門の添削者による添削を受けるのが望ましいため、実績を重視してZ会と併用するのがベストと言えるでしょう。

Z会単体では、少々難易度が高すぎるかなという気もしますので、両方をバランスよくやるのが理想的かなと思います。

関連:通信教育の定番!Z会の評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!

勿論進研ゼミのみで早慶に合格した生徒も大勢しますし、スタディサプリとの併用も大いにアリだと思います。