600以上も存在している私立大学の中でもトップクラスの人気と入学難易度を誇る早稲田大学と慶應義塾大学

そんな両大学を目指すのにおすすめの通信教育ランキングを発表したいと思います。

第1位:スタディサプリ

スタディサプリで受験対策!
・月額980円(税別)
・実力派講師の授業をいつでもどこでも受講可能
・過去問も解き放題!


 

 

早慶が第1志望である場合、スタディサプリが1位となります。

月額980円(税抜き)という価格もさることながら超入門・基礎・応用・早慶対策講座と各レベルに応じた授業が充実しているという点が1位の理由となります。

過去問が解き放題なので参考書費用なども抑えることができる点も大きいですね。

仮に予備校でそれぞれの講座を取る場合、1講座7万円ほどかかるのが一般的です。

基礎応用対策の3つを受講するとなるとそれだけで21万円かかってしまう計算になりますね。

スタディサプリですと月額980円(税抜き)で全て済んでしまうところが恐ろしいです・・・

ただし良いことばかりという訳ではなく、サポート体制は皆無で、質問を受け付ける部署や添削サービスなども存在していません。

そのため他の通信教育と併用するという手段も視野に入れてもよいでしょう。

関連:スタディサプリは早慶(早稲田大学・慶應義塾大学)合格を目指すのに最適か?

第2位:Z会

難関大ならZ会

・圧倒的な東大合格者数
・圧倒的なノウハウの蓄積
・圧倒的な難易度の高さ



何と言っても圧倒的な合格実績を誇るのがZ会です。

Z会(2017年度通信教育)

東京大学 1100人 京都大学 924人
旧帝国大学合計 4020人 一橋大学 268人
東京工業大学 221人 神戸大学 277人
早稲田大学 2629人 慶應義塾大学 1798人
上智大学 685人 明治大学 1792人
関関同立合計 3668人 MARCH合計 4843人
医学部医学科 1690人 東京理科大学 357人

東大合格者数も多いため、早慶の合格者も多いですね。

早慶を第1志望にする場合、少々難易度が高すぎる面もなきにしも非ずです。

Z会にしっかり食らいついていけば、合格はおのずとやってくるでしょう。

難しすぎる(><)という場合には素直にスタディサプリをやるのがよいでしょう。

関連:通信教育の定番!Z会の評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!

第3位:進研ゼミ

通信教育の王道ですが、難関大学の合格者数ではZ会に大きく引き離されてしまっている点は寂しい所です。

進研ゼミ(2017年度通信教育)

東大・京大 159人 旧帝国大学合計 714人
早慶上智 629人 MARCH+学習院 1928人
関関同立 1684人    

学校の定期テスト対策にはよいのですが、難関大の対策として十分とは言い難いのが現状ですね。

関連:通信教育界の王!進研ゼミの評判・口コミをプロの家庭教師がまとめる!!