共に数十年という歴史を持つ伝統的な通信教育サービスである「月刊ポピー」と「Z会」

今回はその2つのサービスを徹底比較したいと思います。

それぞれのサービスについて詳しくは以下の記事をご参照いただければ幸いです。

関連:【小学・中学】月刊ポピーの評判と口コミ、その評価についてプロがまとめる!【幼児】

関連:通信教育の定番!Z会の評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!

月刊ポピーとZ会の違い

両サービスには以下のような違いがあります。

・対象年齢の違い

・媒体の違い

・コンテンツ(サービス)の違い

・価格の違い

・想定利用者の違い

対象年齢の違い

月刊ポピーは当時から中学校3年生(高校受験生)までを対象としており、Z会は幼児期から大学受験、果ては社会人までもその対象とした総合通信教育サービスとなっています。

媒体の違い

月刊ポピーは伝統的な紙媒体で学習できるサービスですがZ会は現在紙媒体および電子媒体から好きな媒体を選ぶことが出来ます。

コンテンツ(サービス)の違い

コンテンツの内容は当然の如く異なります。

月刊ポピーは総じて生徒が如何に学ぶことを好きになるかと言う点を重点に考えられた教材作成がされ、Z会は如何に成績をあげるかという観点から教材を作っていると言えます。

Z会にはその核となる添削サービスがあり、月刊ポピーには子育ての相談サービスなどがあります。

総じてZ会は学力特化、月刊ポピーは育児総合サービスと考えた方が良いかも知れません。

価格の違い

月刊ポピーの価格は以下のようになっています。

月額料金 入会金・年会費
幼児ポピー 980円 0円
小学ポピー 2700円~3400円 0円
中学ポピー 4600円~4900円 0円

Z会は利用する教科や学年によって料金がことなりますが、1教科1841円~となっており、費用はZ会の方がかかります。

月刊ポピーとZ会はどちらがおすすめ?

対象学年や生徒の気質によってどちらがおすすめかは異なってきます。

Z会は東大合格者の3人に1人がやっており、実際に東大に合格した生徒ですら難しかったと言うほどの難易度の高さを誇っています。

「Z会が生徒に合わせるのではなく生徒がZ会に合わせるのだ」という明確な理念をもとに運営しており、学力に自信のある生徒向けとなっています。

例えば公立の中学生でしたら5教科で450点以上は欲しい所です。

一方月刊ポピーはその真逆で、如何に生徒が勉強に興味を持つかという点を重視して教材作成をしています。

個人的には小学生以下および勉強が嫌い、あまり好きではない生徒は月刊ポピー、勉強に意欲的で学力が高く、将来は東大に入りたいという生徒にはZ会がおすすめとなっています。

外部リンク:月刊ポピー申込ページへ

外部リンク:Z会申込ページへ