伝統的な教育関連企業であるベネッセの誇る進研ゼミと起源はシステム開発の会社であるスマイルゼミ

2つのサービスを徹底的に比較してみましょう!

両サービスについては以下の記事をご参照下さい。

関連:通信教育界の王!進研ゼミの評判・口コミをプロの家庭教師がまとめる!!

関連:スマイルゼミの評判と口コミ!プロ家庭教師の評価は?

進研ゼミ(こどもちゃれんじ)とスマイルゼミの違い

2つのサービスには以下のような違いがあります。

・対象年齢の違い

・媒体の違い

・コンテンツの違い

・価格の違い

対象年齢の違い

スマイルゼミは小学生と中学生を対象としたサービスとなっており、進研ゼミは幼児から大学受験生までを広く対象としたサービスとなっています。

媒体の違い

スマイルゼミはタブレットでの電子媒体を中心としたサービスであるのに対し、進研ゼミは伝統的な紙媒体での学習もしくは電子媒体での学習を選択できます。

コンテンツの違い

両サービスの最大の違いは当然ながらコンテンツの違いです。

スマイルゼミには郵送物がない一方進研ゼミと言えば付録などの充実した郵送物がウリです。

よりコンテンツが充実しているのは進研ゼミだと言って良いでしょう。

価格の違い

どちらのサービスも学年によって、また支払い方法によって費用が異なります。

両サービスの価格の幅は以下のようになっています。

*スマイルゼミは税抜き、進研ゼミは税込みになっています。申し訳ございません。

スマイルゼミ月額料金 進研ゼミ月額料金
小学生コース 2980円~7000円 2705円~5779円
中学生コース 5980円~14400円 5600円~9980円

スマイルゼミの方が高いですね!

進研ゼミ(こどもちゃれんじ)とスマイルゼミは果たしてどちらがおすすめ?

結論から言うと進研ゼミになります。

価格の面、コンテンツの面、サポート面、あらゆる面において進研ゼミが圧倒していると言って良いでしょう。

とはいえスマイルゼミにも適した生徒がおり、それはゲームが大好きで勉強が大嫌いというタイプの生徒です。

進研ゼミはどちらかと言えば優等生向けのサービスで、自主的に勉強が出来ることを前提に作られていると言っても過言ではありません。

進研ゼミを頼んだはいいけれどやらないで放置されている…という状況は割と良く見ます。

一方スマイルゼミはそういう子に向けたサービスであると言えるため、うちの子全然勉強しない…とお悩みの方には大変おすすめのサービスとなっています。

進研ゼミ利用者の体験談

ベネッセは長く続いている会社で実績があるので信頼できると思いました。
多摩センターの近くに住んでいたので、本社前を通ることが多く親近感もありました。
知り合いのお子さんが塾に行かなくても進研ゼミの教材をきちんとこなし、部活と両立させて地元のトップ高校に合格したので興味が湧き資料を取り寄せました。
基礎コース・応用コースと教材を選ぶことができ、試験対策ブックもあって工夫されているなと思いました。
要点がわかりやすくなっていて、今までの経験を元に研究されてきた様子がわかりました。
一度体験させてみて、もし本人に合わないようなら辞めることもできます。塾はそうそう変えることはできません。
気軽な気持ちで利用することにしました。

最初は興味深く勉強していたのですが、中学入学後は運動部の生活に慣れるまでは帰宅後疲れてしまい、提出が滞り始めました。
試験対策ブックは役立ったようですが、教材は溜まっていきました。
後ほど受験前に見直しで使いましたが、授業と赤ペン先生の指導と並行で進めていたなら、もっと効率よく勉強できていたのに残念でした。
塾で強制的にやらせていた方が良かったのかな。どちらにしても本人のやる気なのかな。と、悩みました。
ところが下の子が自分も進研ゼミを始めたいと言いだしました。毎月教材が届いていることがうらやましかったようです。
まだ小学生でしたので、いいきっかけになるかも。と、始めました。
そのうち飽きてきて、またまた教材が積もりました。似た者兄弟です。
やはりうちの子は使いこなせない。と思いました。その声が聞こえたのかどうかわかりませんが、ベネッセから電話がありました。
家の近くで進研ゼミを教材にした教室ができたとのことでした。
親のわたしが教えるともめてしまいます。なるほどいい考えだと思いました。
転居するまで1年ほどお世話になりましたが、その間は有意義に利用できたと思います。