結論から言うと対応はしていないですが利用できないことはありません。

国語・社会・理科は使える

中学受験はいわば異質な世界と言えますが、出題される問題の全てが文部省の指導要領の中で作成されます。

ですので、学校で習っていることと180度違うことを行っている訳ではありません。

特に国語は読解の難易度が高いだけですので十分対応が可能です。

中学校によっても難易度はもちろん異なるため一概には言えないのですが、かつて和歌山大学と桜陰中学校が同じ題材を扱い桜陰中学校の問題の方が難易度が高く、記述すべき文字数が多いということがありました。難関と呼ばれる中学校はそのような感じですが、中堅中学校などでは普通の読解力で足りるためスタディサプリの授業で十分対応可能です。

また、社会や理科などは一部中学校の内容レベルの深度がありますので、中学校の授業を見ることができるスタディサプリはむしろ役に立つとさえ言えます。

算数は使えないということはない

問題なのは算数ですね。

算数は特殊算と呼ばれる計算方法を用いて問題を解いていくのですが、スタディサプリではこのような特殊算は扱っていません。

特殊算の種類は多く、つるかめ算に流氷算、植木算や旅人算、ニュートン算、差集め算、連比など実に30種類以上もあると言われています。

それらを使いこなさなければ中学受験を突破するのは難しく、スタディサプリの学習範囲では不十分だと言えるでしょう。

もっとも、それではまったく使えないかというとそうでもなく、そもそも特殊算以前に算数の基礎が出来ていない中学受験生もいるためそう言った生徒には大いに役に立つと言えるでしょう。

とはいえ中学受験を本気で考えている場合はZ会か進研ゼミの方が向いていると言えますね。

関連:進研ゼミ中学受験講座の評判・口コミをプロの家庭教師がまとめる!!

関連:Z会小学生コース(中学受験講座含む)の評判と口コミをプロがまとめる!

 

難関中学校を受験する場合はスタディサプリはあまり役に立たないと思った方が良い

具体的には四谷大塚偏差値で50以上の中学校を受ける場合はスタディサプリの内容では不十分だと思ってください。

首都圏でいうと専修大松戸や中央大付属などの中学校以上の学校ですね。

これらを目指す場合はSAPIXや日能研などの中学受験専門塾に通いながら受験をするかZ会中学受験コースなど専門の教育を受けた上で、更に苦手な教科があればプロの家庭教師を雇って受験するのが一般的です。

中学受験は別名親の受験とも言われ、保護者の負担が大きく、金銭的にもかなりかかるのが現状です。

対してスタディサプリの売りは月額980円(税抜き)という安価で授業をいつでもどこでも見放題という点にあります。

もしも「中学受験サプリ」が出たら文句なしにおすすめとなりますが、スタディサプリ事務局に問い合わせたところ現在の所対応する予定はないそうです。

難関中学を受験する場合は素直に受験専門塾へ、ちょっと現状色々厳しいと言う場合は中学受験専門のプロ家庭教師に頼みましょう。

関連記事:評価は厳しめ!プロの家庭教師が選ぶ中学受験家庭教師おすすめランキング