今回は共に歴史のある通信教育サービスである「月刊ポピー」と「進研ゼミ(こどもチャレンジ)」を徹底比較してみましょう!

両サービスについては以下の記事をご覧いただければと思います。

月刊ポピーと進研ゼミ(こどもちゃんれんじ)の違い

両者の違いは以下に集約されるかと思われます。

・対象年齢の違い

・媒体の違い

・コンテンツの違い

・価格の違い

対象年齢の違い

月刊ポピーは幼児から中学校3年生までを対象としており、進研ゼミは幼児から大学受験生までを対象としています。

媒体の違い

進研ゼミは現在では紙媒体だけではなくタブレットを使った電子媒体サービスもありますが、月刊ポピーは基本的に紙媒体での学習となります。

コンテンツの違い

違うサービスなので内容は当然違うのですが、教科書準拠である点や解説⇒問題の実践を行う点などは共通しています。

異なるのはやはり添削サービスである「赤ぺん先生」の存在と付録などの充実ですね。

進研ゼミの方が総合的には充実したコンテンツを用意していると言えるでしょう。

価格の違い

両サービス共に年齢や学年によって価格が大きく異なります。

*以下は税込み価格となります

月刊ポピー月額料金 進研ゼミ月額料金
幼児コース 980円 1697円~2336円
小学生コース 2700円~3400円 2705円~5779円
中学生コース 4600円~4900円 5600円~9980円

進研ゼミは支払いの方法によっても大きく値段が変わりますが、総じて月刊ポピーの方が月々の負担は減ります。

*進研ゼミは年一括払いだと大幅に価格が下がる

総じて進研ゼミの方がコンテンツは充実しているが、その分価格も高いということが言えるでしょう。

月刊ポピーと進研ゼミ(こどもちゃんれんじ)は果たしてどちらがおすすめ?

これは分量を重視するか価格を重視するかという違いになりますので一概にどちらをおすすめするということは言えないですが、価格面を重視する場合は月刊ポピーを、コンテンツの量を求める場合は進研ゼミ(こどもちゃれんじ)を選択するのが良いでしょう。

どちらも実践すればしっかり学力が身につく優良通信教育教材となっています。問題なのはしっかり学習習慣を身に着けて実践できるかどうかという点です。

どちらを実践するにしてもしっかりやり切ることが重要だと言えるでしょう。