様々な通信教育教材がありますが、今回は学研が運営する「学研ゼミ」とジャストシステムが運営する「スマイルゼミ」について徹底比較してみましょう!

*各サービスの詳細については以下の記事をご覧ください。

関連:プロがまとめる!学研ゼミの評判と口コミ2018と総合的な評価とおすすめ度

関連:スマイルゼミの評判と口コミ!プロ家庭教師の評価は?

コスト面での比較

両サービス共に選択するコースや支払い方法などによってかかるコストが違います。

*以下税抜価格です

まずは最低利用金額を見てみましょう。

最低利用金額

学研ゼミ:500円

スマイルゼミ:2980円

上記は小学校1年生における最低利用金額です。

両サービスともに学年が上がる毎に料金がアップする仕組みで、かつ付加するサービスによって料金が加算されていきます。

学研ゼミには基本的なサービス(スマートドリル)の他に以下のサービスが存在しています。

・ワンダードリル 月額:500円(税抜き)

・キッズクラス 月額:500円(税抜き)

・学研図書ライブラリー 月額:500円(税抜き)

・学研ジュニア新聞 月額:500円(税抜き)

対してスマイルゼミは基本サービスの他に「英語プレミアム」と呼ばれるサービスを付加することが出来ます。

総じて学研ゼミの方がコストは抑えらると言え、コスト面での勝負は学研ゼミに軍配が上がるでしょう。

コンテンツ面での比較

こちらはおそらく動画を見ていただいた方がはやいものと思われます。

 

 


どちらもスタディサプリのような講義形式のコンテンツではなくドリル形式のコンテンツとなっています。

基本的なサービスにおいては優劣をつけることは出来ず、そこまで大きな内容の差はないものと思われます。

保護者の方が生徒の学習状況などをつかみやすい所なども共通しています。

ただ、学研ゼミにおいては追加コンテンツである学研図書ライブラリーにおいて「漫画日本の歴史」や「漫画世界の歴史」などが月額500円で読み放題となっているため総合すると学研ゼミに軍配が上がりますね。

結局の所どちらがおすすめ?

より安価でよりコンテンツの充実した学研ゼミがおすすめです。

母体となる会社もスマイルゼミはジャストシステムというシステム系の会社であるのに対して学研ゼミは謂わずと知れた学研という教育業界最大手企業である点もおすすめ度の高い理由となりますね。

特に学研が保有しているコンテンツが利用可能という点は他の通信サービスにはない大きな強みだと言え、おすすめ度が非常に高いです。

外部リンク:スマイルゼミ申込ページ

外部リンク:学研ゼミ申込ページ