中学生の習う英語の分野の中でも過去形は特に大きな分野と言えます。

実際に世の中に存在する英語の8割ほどは過去形で書かれていると言われており、この分野を理解することは英語学習においても特に重要だと言えるでしょう。

be動詞の過去形

He was a good student.

訳:彼は良い生徒でした。

be動詞を過去形にする際には以下のルールがあります。

① is/amはwasに置き換わる

② areはwereに置き換わる

これだけです。驚くほど簡単に過去形に出来ますね。

関連:実は一番難しい!「be動詞」についてプロの家庭教師が解説

be動詞の過去形の否定文

例文:You weren’t a teacher.

訳文:あんたは先生じゃなかったでしょ。

こちらもis/am/areがwas/wereに代わっただけです。

全然難しくないですね。

be動詞の過去形の疑問文

例文:Was it rainy at May 30?

訳文:5月30日は雨だったか?

答え方:Yes.it.was./No.it wasn’t.

こちらも否定文の時と同様is/am/areをwas/wereに代えるだけです。

 

規則動詞の過去形

例文:I played tennis yesterday.

訳文:昨日はテニスをしました。

一般動詞の過去形は「規則動詞」と「不規則動詞」に分かれます。

不規則動詞については後述いたしますが、規則動詞については基本的に末尾に「ed」をつけることで過去形が出来ます。

ただし、以下のような決まりもあります。

① すでに e が付いているものはdだけを付ける 例:use→used live→lived

② 子音字+yのときは 子音字+ied にする 例:study→studied cry→cried

③ 短母音+子音のとき,子音を重ねる 例:stop→stopped plan→planned

不規則動詞の過去形

例文:I went to the park.

訳文:私は公園に行きました。

過去形で最も厄介なのがこの「不規則動詞の過去形」です。

原形とは形が全く異なるために全て覚える必要があります。

不規則動詞の過去形変化表

意味 原形 過去形
来る come came
走る run ran
~になる become became

意 味 原 形 過 去 形
持ってくる bring brought
建てる build built
買う buy bought
つかまえる catch caught
感じる feel felt
見つける find found
持っている have has had
聞こえる hear heard
しっかり持つ hold held
~にしておく keep kept
去る 残す 出発する leave left
失う 負ける lose lost
作る make made
意味する mean meant
会う 出会う meet met
読む read read
言う say said
送る send sent
座る sit sat
眠る sleep slept
立つ stand stood
教える teach taught
言う 話す tell told
思う 考える think thought
理解する understand understood
勝つ win won

意味 原形 過去形
be/am, is, are was, were
する do, does did
飛ぶ fly flew
行く go went
飛び込む dive dived/ dove
堕ちる fall fell
手荷物 take took
描く draw drew
線を引く withdraw withdrew
食べる eat ate
見る see saw
与える give gave
許す forgive forgave
運転する drive drove
乗る ride rode
上がる rise rose
書く write wrote
禁じる forbid forbade
吹き飛ばす blow blew
育てる grow grew
知っている know knew
投げる throw threw
魅せる show showed
起きる wake woke/ waked
壊す break broke
忘れる forget forgot
凍らせる freeze froze
話す speak spoke
盗む steal stole
噛む bite bit
隠れる hide hid
選ぶ choose chose
横たわる lie lay
着る wear wore
始まる begin began
飲む drink drank
鳴らす ring rang
歌う sing sang
泳ぐ swim swam

数は多いのですが、確実に点数につながる部分ですのでしっかり練習をして書けるようにしておきましょう!

 

一般動詞の過去形の否定文

例文:I didn’t swim in this river yesterday.

訳文:私は昨日この川で泳いでいません。

一般動詞の過去形の否定文は、助動詞である「didn’t」を使います。

助動詞の後は必ず動詞の原形が来るため動詞は原形となります。

一般動詞の過去形の疑問文

例文:Did he go to Chiba two days ago?

訳文:彼は2日前に千葉に行ったのかい?

答え方:Yes,I did./No,I did.

疑問文を作る際には助動詞の「Did」を使います。

否定文の時と同様助動詞の後は動詞は原形になりますので注意しましょう。