中京高等学校の評判と口コミ

利用した立場

卒業生

入学したきっかけ(理由)

私が中京高等学校の通信制に入学した理由は、高校生の頃に妊娠が発覚してしまい退学になり卒業できなかったからです。私は出産後、約一年程育児に専念していました。ですが、これからの生活のことを考えた時にやはり高校卒業していないと、もし今後働くにしても職を探す際に範囲が狭くなってしまうと思ったので、育児と両立して通おうと思い入学しました。初めての育児たったので勉強との両立は大変でしたが、しっかりと卒業できたので頑張って良かったです。

実際に関わった口コミ

実際に通ってみて感じたのは、レポートや勉強は大変でしたが何回か同じ目標に向かって頑張っている仲間と会える時間がなによりも楽しかったです。みんな入学当時から高校卒業という同じ目標を持っているので、1人じゃないんだなと思えてとても心強かったです。そして、大変だったのはレポートです。育児をやりながらのレポート作成は本当に辛かったですが、レポートを書き終えて提出できた時はとても嬉しかったのを覚えています。今はこの高校卒業という資格が取れたことで働くことができています。大変なことが多かったですが、通って良かったです。

中京高等学校ってどんな学校?

中学院大学付属中京高等学校は安達学園が運営する私立高校で、2012年に通信か課程が解説され、2017年4月より中学院大学付属中京高等学校通信課程に校名が変更されました。

1クラスは平均40~50名からなり、3クラスで約150名ほどの生徒が在籍しています。

2016年度に卒業した学生42名のうち大学に進学した者が10名、短大が4名、専門学校が9名、就職が8名、その他が11名となっています。

中学院大学付属中京高等学校通信課程は自学自習が基本で、レポートの課題提出やスクーリング(年2回)を行うことによって卒業に必要な単位が認定されます。

系列の大学や短大(中京学院大学、中京学院大学中京短期大学部)に優先的な進学ができ、サポート校としては「へいせい義塾館高等学院」「セントメプレス高等学院」「名都高等学院」の3校が存在しています。

中京高等学校にかかる費用は以下の通りです。

入学金:30000円

施設拡充費:20000円

授業料:1単位につき8000円

中学院大学付属中京高等学校基礎情報

設立年月日:1962年

修業年数:3年以上

キャンパス数(校舎数):1

生徒が入学できる都道府県:47都道府県

卒業認定単位数:74単位

関連:プロが解説する通信制高校の選び方~どうやって比較する?~