飛鳥未来きずな高等学校の評判と口コミ

利用した立場

在校生

登校日数や登校時間を自分で決める事ができるので、自分のペースでのんびりと通う事ができると思ったので入学しました。
中学の時に制服が汚いとイジメを受けた経験があります。
それ以来学校の制服を着るのが恐くなってしまいました。
飛鳥未来きずな高等学校であれば、服装も自由で良いので変な事でイジメを受ける心配ないと思ったのも入学した理由の1つです。
家からわりと近い場所にあったので、気軽に登校できると思い入学しました。

実際に関わった口コミ

 

最初は馴染めるかどうか不安でしたが、今まで感じた事のない自由な空間を味わう事ができて感動しました。
口数が少ない性格なので、周りからは暗い人と思われがちな自分でも居場所を与えてくれて救われました。
ずっと学校が嫌いで何回も登校拒否をしてきた自分が、飛鳥未来きずな高等学校に通うようになってからは少しずつ学校が好きになっていきました。
友達もいなかった自分に親友と呼べるような仲の良い友達まで作る事ができたので、本当に通って良かったです。

利用した立場

在校生

入学したきっかけ(理由)

中学校を卒業することは出来たものの不登校気味で全日制の高校に通うことが難しいと思い、初めは高校に行かず専門学校に通える年齢になるまでは働こうと思っていました。しかし両親から高校だけは卒業してほしいと言われ、通学の頻度が少ない通信制の高校を探していたところ飛鳥未来きずな高等学校の募集要項を見つけ受験しました。コースが選べることが私にとって魅力的で、その中でも一番融通の利きそうなベーシックコースを選びました。

実際に関わった口コミ

通信制の高校だけあって通学してきている生徒数はあまり多くありません。あまり人に会いたくなかった私にとっては良い環境でしたが、友達関係を築いていきたい方には少し物足りないかもしれません。先生はとても優しくその日の気分が乗らず通学予定だった日に通学できなかったとしても追究してくるようなことはありません。通信制の高校だと全日制の高校と比べて学力に不安があると思われがちですが、自分のペースで勉強を進められるので向上心があれば全日制よりも速いペースで勉強を進めることが出来ます。

飛鳥未来きずな高等学校ってどんな学校?


飛鳥未来きずな高等学校は2017年4月に三幸学園が設立した通信制高校となります。

三幸学園は全国12都市に60もの専門学校を経営している教育機関で、飛鳥未来きずな高等学校もグループ企業ならでは強みを活かした教育内容に強みを持ちます。

具体的にはメイク実習室や各種トレーニング施設、調理実習室など姉妹専門学校の施設を利用した授業などが行え、卒業生の進路に多様性をもたせることが出来ています。

また、専門学校の科目が単位となる「飛鳥未来きずな教育キャリア科目」が特徴的で、福祉や健康、医療事務などの専門学校での授業が単位として認定されるユニークな取り組みが注目を集めています。

高校卒業後は三幸グループの運営する専門学校や大学などに進学することが予定されており、進路決定率の高さを実現する予定です。

コースは「ベーシックコース」と「スタンダードコース」「3DAYコース」に分かれており、それぞれの通学スタイルがあります。

ベーシックコース:週1日でも毎日の登校でも可能

3DAYコース:クラス制を採用しており、週3日の登校となります

スタンダードコース:週に1回のホームルームがあり登校日数や登校日を自分で決めることが出来ます

飛鳥未来きずな高等学校にかかる費用

入学金:10000円

授業料:1単位8000円

教材費:22000~30000円

施設設備費:30000~60000円

補修費:50000~100000円

飛鳥未来きずな高等学校基礎情報

設立年月日:2017年

修業年数:3年以上

キャンパス数(校舎数):7

生徒が入学できる都道府県:47都道府県

卒業認定単位数:74単位

関連:プロが解説する通信制高校の選び方~どうやって比較する?~