NHK学園の評判と口コミ

自分の責任のみでやり遂げたという経験が現在まで大きく影響していると感じます

利用した立場

卒業生

入学したきっかけ(理由)

普通校に入学した私は正直あまり良い子ではなく、バイトや遊びに明け暮れてまともに高校へは行っていませんでした。留年が決まり学校を辞めようと思っていましたが、当時の担任に高校だけは卒業しておいた方が良いと粘り強く説得して頂きました。ですが既に仕事である程度の責任を持つ立場にいましたので、普通校のまま卒業と言う形は難しいと感じていました。そんなとき担任から通信制高校の存在を教えて頂き、また実際にスクーリングをしているところへ共に体験入学させて頂いたりといった経緯からNHK学園への転校が決定しました。

実際に関わった口コミ

NHK学園は一般的な高校と違い単位制でした。1年目はその制度に慣れず、また仕事の都合などでテストに参加出来なかったりで単位は全く取れずにこのまま辞めてしまおうかとも思っていました。ですが学内で出来た友人と待ちあわせてスクーリングに行き、終わった後遊びに行ったりとしているうちに一緒に卒業をしたいと思うようになってきました。それからは毎月NHK講座を観ながらのレポート提出やスクーリングをさぼらなくなり、なんとか卒業することが出来ました。通信制は自由度が高く、学校に行かなくてもレポートを提出しなくても誰にも怒られることがありません。卒業するという意思がなくては最後まで続けられなかったと思います。思えばこの時のコツコツと自分の責任のみでやり遂げたという経験が現在まで大きく影響していると感じます。

出ることを強制されることもなく自分が出たいものだけ出れば良いという感じでしたよ

利用した立場

生徒

入学したきっかけ(理由)

高校を中退したのですが、将来就職するときのことを考えたら高校は出ておいた方がいいと思いまして、通信制高校に入学しました。
定時制も考えましたが、バイトをしながら夜間に通うのはキツイなと思い家でレポートを出しながら通えるこの高校を選びました。
スクーリングに行くのは、月に2回ほどで良かったので無理なく通うことができました。

高校卒業の資格は自分1人で勉強してとるのは厳しいので先生に教えてもらいながら勉強できたので勉強面でも良かったと思います。

実際に関わった口コミ
1年半は普通の高校に通っていたのでその分の単位が取れていたので、あまりとる単位は多くなくて楽に通うことが出来て良かったです。

音楽などの授業は普通の学校と変わらず歌をうたったり楽器を演奏したりと楽しく受けることができました。

学校行事もたくさんありました。遠足に運動会、修学旅行など。
私は文化祭に参加したくらいで他のものはどれも1度も出たことがないのですが、出ることを強制されることもなく自分が出たいものだけ出れば良いという感じでしたよ。

大学も希望の学校に合格しました

利用した立場

生徒(卒業生)

入学したきっかけ(理由)

元々通っていた高校を自主退学したためです。私は成績が著しく悪かった訳でも不登校になってしまった訳でもありません。しかし、当時所属していた部活で部長を務めていた時、先生方といざこざが起きてしまいました。部活や周りの友人とはなんの問題もありませんでしたし、むしろよく仲良くしてくれましたが、そのことから高校に疑問を感じるようになりました。そこで、せっかく義務教育ではないのだから悔いのない高校生活を送りたいと思い、通信制に入学しました。

実際に関わった口コミ

私は登校コースを選んだため、普通の高校と同じようにキャンパスライフを楽しむこともでき、通信制の良さも感じられました。今思えば、大学生活と似通ったものがあるため、少し人より早く大学生になったような気分でした。
通信制の高校というと、なにか人間性に問題があったり、いじめなどにあって不登校になったりと高校生の中でもマイノリティーの集団なのかと思っていましたが、いざ飛び込んでみると全く変わりない普通の高校でした。
入学し、気持ちも入れ替わり、大学も希望の学校に合格しました。高校を中退したことに全く悔いはありません。

 自分らしく学校生活を楽しもうとしたらプラスの結果になりました

今現在ではベーシックコースと名称が変わったみたいです。公立の高校に通っていたんですが、どうもなじめなくて欠席をれる繰り返していたら単位数が足りないことになってしまい、退学になりました。けれど、高校卒業の資格は欲しい、ということでNHK学園ともう一つ通信制学校の説明会に行き、なんとなく肌でNHK学園の方が合っているな、と思ったため、NHK学園を選択しました。さらに一番の悩みの種の、スクーリングが少なくて済む(対人関係が煩わしくなくて済む)というのも良かったです。もう一つ、自分で勉強できるというのも魅力の一つでした。対人関係にあまり悩まなくて済み、しかも勉強は自分自身で頑張れるかどうか、学費は両親に出してもらったのですが、それでも「自分に合った環境で自分自身で何かやれる」ということが普通の高校受験とは違って、良いなと思ったことです。

実際に通ってみて感じたことは、入学する前は、別に独りぼっちでもいいや、と思っていたら割と友達が出来て驚いたところです。みんな色々な事情があって、高校で留学していたら単位数が足りなくなってNHK学園に来たり、特技の世界で高校を休みがちになっていたらやはり単位数が足りなくなってNHK学園に来たり、イジメに遭って普通の高校に行きたくないからNHK学園にきたり、様々な理由から来た子ばかりです。でも、仲良くなれました。肝心の勉強は疎かになってしまったのですが、交友関係から学ぶことがたくさんあって、それは卒業して十六年経った現在の自分にも影響しています。具体的には、地に足がついた子からは「貯金は大事だから一月千円でもした方がいいよ」とアドバイスを貰ったり、美容面でも気を使って縮毛矯正に一緒の美容院に通ったり(プライベートでです)、あげればキリが無いのですが、色々なことです。女の子の友達しかいなかったから余計、美容面では話題に事欠きませんでした。スクーリングでは遠足などもあったのですが、それもいい思い出です。制服を着てみんな一緒くたの高校生活より、自分の好きな服を着て、「別に一人でもいいや」って開き直って、自分らしく学校生活を楽しもうとしたらプラスの結果になりました。もし「みんなと一緒は嫌だ」と思っている人がいたら、通信制の高校を選ぶ、というのも一つの手だと、今でも自分は思います。

 

NHK学園ってどんな学校?

「NHK」の名称がついているように日本放送協会が運営している通信制高校となります。

私立の通信制高校は1990年代以降爆発的に増えたのですが、同校は設立が1962年と通信制高校としては老舗と言え、ある意味では伝統と実績がある学校だと言えるでしょう。

スクーリングはコースによって回数が違いますが、多くとも週に3日間、少なくとも月1~2回ほどとなっています。

コース名 特色
ネット学習コース 月1~2日登校 レポートインターネット提出
ネット学習Doitコース 月5~10日登校 レポートインターネット提出
ネット学習海外コース 年4日集中登校 レポートインターネット提出
登校コース 登校週3日 レポート郵送提出
ベーシックコース 登校月1~2日 レポート郵送提出

授業はNHKのラジオ講座、テレビ講座を見たのちにレポートを提出することになります。

授業自体は見遅れてもオンデマンド放送で再視聴できますが、レポートは出来る限り期限以内に出すことが望ましいと言えます。

レポートは週に4~7ほど、1通につき30分ぐらいが目安だと言われています。

NHK学園高等学校基礎データ

設立年月日:1962年10月

修業年数:3年以上

キャンパス数(校舎数):32

生徒が入学できる都道府県:47都道府県

卒業認定単位数:74単位

学費

入学金:35000円

授業料1単位あたり:10000円

生徒数:約3000名前後

卒業生の進路先(2016年)

卒業生:1135

4年制大学:404人

通信制大学・通信制短大:90名

短期大学:22名

専門学校・その他:207名

 

関連:プロが解説する通信制高校の選び方~どうやって比較する?~