当サイトにお越しいただきありがとうございます。

千葉県を中心に家庭教師をやっている「船橋の家庭教師」と申します。

以前は「子供の成績.com」の管理人をやっておりました。過去形になっていますが今でも管理人は私です。

新しくこちらのサイトを作ったのは純粋なソフトの面が大きいですね。

以前使っていたソフトですと記事のアップロードに数十分単位かかってしまい、ちょっとした変更などにも時間がかかってしまうのですが、現在利用しているソフトですと変更後一瞬で記事がアップできるため新しく作り直すことにしました。

こちらのサイトでは主に教育サービスについての情報や今まで私の中で培われてきたノウハウなどの情報発信を行おうと思っています。

特に家庭教師センターや通信教育、日々の勉強の仕方などについて書いていければいいなと思っています。

これを書いている2017年現在家庭教師先の募集などはしていないのですが、その代わり良いセンター、良い家庭教師の選び方について私なりの考え方をまとめられたらと思います。

良い家庭教師センター・良い家庭教師の見つけ方

これは皆さんが考えていらっしゃるよりも難易度が高いと思います。

インターネットの発達と共に教育業界の在り方は大きく変わってきました。

通信教育の分野で言えば進研ゼミやZ会は伝統的な紙媒体の他にタブレット媒体によるコースを導入していますし、月額980円(税抜き)という驚異的な価格で教育業界を席巻し続けているスタディサプリの登場などインターネットを利用した所謂eラーニングの仕組みが発達してきました。

関連記事①:スタディサプリの評判と口コミのまとめとプロ家庭教師の評価2017!

関連記事②:通信教育界の王!進研ゼミの評判・口コミをプロの家庭教師がまとめる!!

関連記事③:通信教育の定番!Z会の評判と口コミをプロの家庭教師がまとめる!

それに伴い家庭教師の在り方も変わってきました。

例えばスカイプなどのソフトを使って遠隔地でも指導ができるようになったり。

ただ、通信教育や塾と違って家庭教師は双方向のコミュニケーションが必要となるため実際にご家庭に伺って指導するという基本形は大きく変わってはいません。

むしろ家庭教師センターによる生徒獲得の方法が大きく変わってきたと言えます。

家庭教師業界の実情~口コミサイトがあてにならない理由~

家庭教師業界に限った話ではないですが、少子化の波が教育業界に与える影響は深刻です。

2017年現在の20歳人口は40歳人口の半分しかいません。

しかも子供の数は減り続けているため教えたい人間は多いのに教わりたい人間は少ないという事態が起こっています。

その影響をもろに受けているのが教育業界と言え、近年では最大手の予備校だった代々木ゼミナールが規模を大幅に縮小しなければならなくなったのは記憶に新しい所です。

塾や予備校業界は薄利多売な面があるため生徒の数が減ればそれだけ経営が苦しくなります。

家庭教師業界も基本的には同じです。

そこで始まるのが各教育機関による激しい生徒争奪戦です。

そしてそこで流行るのが「ステルスマーケティング」所謂ステマです。

現在は「口コミ社会」と言われるほど皆ネットの口コミを頼りにしている時代です。

家電量販店で製品の説明を受け、アマゾンや楽天で利用者の口コミを見て購入する。

価格.comの食べログを見てからレストランを予約する。

そういったことが普通になっています。

家庭教師を頼む時にもそう言ったサイトを見ると思うのですが、大体ステマです。

食べログのやらせが問題となりましたが、当サイトを含め全てのWebサイトはステマサイトだと思った方が良いでしょう。

中には家庭教師センターが運営している口コミサイトも多く、他社をこけおろして自社をおすすめ1位にしているサイトも存在します。

圧力をかけてくるセンターは多い

家庭教師業界に関していうと、まともな口コミサイトを作成するのはかなり難しいのが現状です。

私自身も「子供の成績.com」において各家庭教師センターについて辛口の批評をしていたのですが、いくつかの業者から脅しに近い問い合わせをいただいたり、証拠はないですが明白な攻撃を受けたりもしました。

中には業者を使って悪評を消すセンターもあり、さらにひどいことにそういった業者は弁護士資格を持つ法曹が多いのです。

流石に争う意味もないのでそう言ったセンターに関する記事は全て削除しました。

当サイトにおいてもそう言った悪質な業者については一切言及しない姿勢を貫いています。

悲しいかなそういうセンターがおすすめ1位になっているサイトは非常に多いのですがね。

家庭教師センターについて見るべき点

優良な家庭教師センターとそうでないセンターを見分けるには2つのポイントがあります。

当サイトの家庭教師センター格付け基準にも採用している項目なのですが

・ホームページ上に料金がしっかりと明示されているか

・無料体験授業を行っているか

この2点が非常に重要になります。

ホームページ上に料金がしっかりと明示されているか

ホームページ上に料金が明示されていないセンターは要注意です。

あるいは著しく安い金額を掲載しているセンターも要注意です。

前者はある意味問題外ですが、後者も中々怖いですね。

よくある手法として、著しく安い値段で顧客を釣り、実際に営業マンが出向いて高額のコースを勧めてくるというパターンがあります。

あるいは元々料金を明示せずにご家庭の懐事情によって料金を変えるというセンターも存在しています。

インターネットの発達と共にそういったセンターは少なくなってきましたが、今でもかなりの数存在しており注意が必要です。

無料体験授業を行っているか

最も重要な点です。

ハッキリ言って無料体験授業を行っていないセンターは関わるだけ時間の無駄だとさえ言えます。

このようなサイトを運営しておきながら言うのもおかしな話ですが、ネット上の口コミはあてになりません。

理由は先述した通りで、真に信用できるのは己と生徒自身の目です。

そしてそれを確かめられる唯一のチャンスが無料体験授業だと言えます。

そのような機会をご家庭に与えないセンターが果たして信用できるでしょうか?

私ならそういうセンターは絶対に信用しません。

ちなみに「教材の販売をしない」という項目がありませんが、そういった業者は家庭教師センターではなく教材屋ですのでそもそも論外だと言えますね。

個人契約や大学の学生課をお勧めしない理由

現在ではネット上の掲示板などに家庭教師募集の案内があるのをよく見るようになりました。

また、昔から大学の学生課に問い合わせるということはよくあることです。

しかし、個人的にこれらの方法で家庭教師を探すのはあまりお勧めしません。

理由は、基本的に学生には無責任な人間が多いからです。

勿論全員ではないですが、無責任な学生は信じがたいほど無責任です。

ある日突然連絡がつかなくなったり、子供に暴言吐いたり、ここではとても書けないようなことをしたり、授業中にスマホをいじったり、あいさつもなく帰ったり、信じられないかも知れませんが全て実際に起こったことです。

そしてそういったトラブルが起きた時に個人契約掲示板や学生課は一切対応しません。当たり前と言えば当たり前ですが。

有名大学の学生だからと言って人格者な訳でも責任感が強い訳でもありません。

割高になるのはデメリットですが、人と人が交わればトラブルは起こります。

そう言った時に間に入ってくれる存在がいるかどうかは非常に大きいと言えるでしょう。

おすすめの家庭教師ランキング2017

当サイトでは家庭教師センターの格付けを行っており、以下のようにランキング付けしています。

ある意味完全主観ですので参考までにご覧ください。

*リンク先は各センターについて詳しく書いた記事へのリンクとなります。

業者名 総合評価 備考
中学受験ドクター 特A 中学受験専門・一都三県
麻布個人指導会 A 中学受験専門・一都三県
中学受験鉄人会 A 中学受験専門・一都三県
プロシード A 大阪・京都・兵庫・奈良県・滋賀県
家庭教師の総合進学セミナー A 大阪・京都・兵庫・奈良県・滋賀県・和歌山県
学研の家庭教師 B 全国派遣型
家庭教師のノーバス B 一都三県+栃木県
東大家庭教師友の会 B 一都三県+茨城県
ふくろう博士 B 一都三県
四谷進学会 B 全国(一部地域は除く)
家庭教師 LNS B 全国派遣型
家庭教師エミール B 関西+関東?
家庭教師ファースト B 全国派遣型
家庭教師ウィング B 一都三県
カテキヨ B 首都圏+関西
ウェルズ B 関東地方+その他
TOS家庭教師センター B 北海道、関東、関西、静岡、山梨、沖縄
名門会 C 全国14か所の拠点と28か所の支部
家庭教師アルファ C 不明
家庭教師サクシード C 首都圏+関西
家庭教師学参 C 全国派遣型
ena家庭教師センター C 所在地東京国立市
家庭教師ファミリー C 北海道、静岡、石川、富山、東京
家庭教師ウォークウェイ D 一都三県?
家庭教師のトライ D 全国派遣型

先述した理由もあり、例えば教材を売りつけるようなEランク、Fランクの業者の情報は掲載しておりません。

また、不法に近い形で圧力をかけてくるような業者や著しく情報が不足している業者などは掲載しておりません。

良い家庭教師選びの基準

最終的にはセンターの善し悪しよりも家庭教師の善し悪しとなります。

当たり前のことなのですが、どういった家庭教師が良い家庭教師なのかという判断はある種「勘」によって左右される面があり、大概においてそれは正しいです。

「なんか嫌だな」というような印象を持ったらお断りすればよいだけの話です。

上記したようにセンターはたくさんあるので、次のセンターの無料体験授業を申し込めば良いだけの話です。

家庭教師選びは大げさではなくお子様の人生を大きく左右することですので、慎重過ぎるぐらいが丁度いいでしょう。

後で後悔するのは誰だって嫌ですし、安くないお金と、お金以上に貴重な時間を無駄にすることにもなりかねません。

さて、前置きが長くなりましたが私が思う良い家庭教師の条件は以下の通りです。

・分かりやすい言葉で話してくれる

・成績を上げるまでの道筋をしっかり説明してくれる

・きちんとあいさつができる

・受験知識などが豊富である

この辺りを満たしている家庭教師であれば当たりだと思います。

特に重要なのは上2点ですね。

難解でよく分からない言葉遣いだったり、何を言っているかわからないボソボソ声だったりする家庭教師は辞めた方が良いでしょう。あいさつができない場合は論外です。書く必要もなさそうな項目ですが、一定数存在しています。

「成績を上げるまでの道筋をしっかり説明してくれる」という点が最も重要かなと思います。

適当に勉強していれば成績が上がるという訳でもないため、具体的にどのようにしてこれから教えていくのかを明確に説明できる家庭教師は良い家庭教師ですね。

知識もできるだけあるほうが望ましいですが、優先度は低いと言えます。